2013/12/30

今年の締めに。

さてさて、あっという間に晦日となってしまいました。今年は雀さんが大きなパワーを発揮してくれたおかげで、大掃除は早めに終了。今日は割とのんびり過ごしました。明日ちゃちゃっとおせちもどきを作って詰めたら、今年のお仕事終了!宴会!です。

2013年は個人的に、価値観の変化が表出した年だったかもしれません。大きなコレクションの処分をして空いたスペースを雀さんに使ってもらえるようになったのは、お互いによかった事ではないかと。そういう変化に合わせてリビングにもちょっとした変更を施し、おかげですっきりとした年の瀬を迎えられています。こういうハードを整える作業から見えてきた事もあるので、来年はソフトウェアというかOS?的な整理をしていきたいと思っているところ。


今年も劇場には行けなかったので、美術展から印象に残ったものを今年のシメとして挙げてみたいと思います。常設オンリーのところも含めると、webに感想を挙げなかったところも含めて全部で28展くらい行った計算。見逃したものも多いのですが、収穫もまた大きかったです。

母数が少ないのでベストXって挙げ方はできませんが、2大「目から鱗」ならば挙げられます。


「クリムト 黄金の騎士をめぐる物語」愛知県美術館
2012年12月末に名古屋で開幕し、その後長崎と宇都宮に巡回した展示。クリムトの創作活動や様々な芸術家たちとの交流、ウィーンを含むヨーロッパの美術ムーヴメントといった大きなうねりが肌で感じられる圧倒的な展示。個人的には当時の分離派展展示を立体的に感じられるコーナーは衝撃的な程にいろいろ腑に落ちました。得たものが多かったです。


「ロマンの系譜 怪奇幻想玉手箱 ゴヤからシュルレアリスムへ」富山県立近代美術館
これは富山県立近代美術館の単独企画。翌日に予定がなかったら、当日の宿を取って翌日再訪したかったです。
ゴヤから入って、ロマン主義、象徴派、、までは私の大好きな世界だったのですが、そこから20世紀芸術、シュルレアリスムへ繋がるというのが「!」でした。なるほどそうやって見ると「さっぱりわからないわ」と思っていたシュルレアリスムが違って見えてくる不思議。それで脳が喜んだのか、上の階にあった常設の近代美術もぐんぐん染みいってきて。再訪のチャンスを伺うお気に入りの美術館の1つとなりました。(北陸新幹線の開業が待ち遠しいわ〜)


と、サクっと振り返ったところで今年の更新はおしまい。来年は「一ヶ月以上更新なしの広告」をを出さないように心がけたいと思います(こころざし低っ)。来年もどうぞ宜しくお願いします。よいお年を。

2013/12/05

東京富士美術館「光の賛歌 印象派展 パリ、セーヌ、ノルマンディの水辺をたどる旅」

これも一ヶ月近く前。東京富士美術館「光の賛歌 印象派展 パリ、セーヌ、ノルマンディの水辺をたどる旅」に行ってきました。改装中だった本館もこの美術展で再オープン。土曜日の午後遅めの時間でしたが、この美術館としてはびっくりする位混んでおりましたよ(って特別展開催中に来たの初めてなので今までの特別展と比較はできませんが、とにかく混んでました)。しかも土曜日は小中学生入場無料なんですってね。確かに多かったです、小学生。


fuji.jpg


構成は以下の通り。
序章 印象派の先駆者たち - 近代風景画の地下水脈
- 東京富士美術館コレクションより
第1章 セーヌ河畔の憩い - パリ近郊の川辺を描く画家たち
第2章 ノルマンディ海岸の陽光 - 海辺を描く画家たち


続きを読む

2013/12/04

ブリヂストン美術館「ギュスターヴ・カイユボット 都市の印象派」展

これも1ヶ月くらい前ですが、ブリヂストン美術館で「ギュスターヴ・カイユボット 都市の印象派」展を見てきました。カイユボットといえば印象派の画家たちを買い支えたパトロンとしての面と、画家としての面とがあるのですが、じゃあ描いた絵はっていうとテレビの美術番組でしか見た事なかったのですよね。このブリヂストン美術館が近年収蔵した「ピアノを弾く若い男」がたぶん初めて見たカイユボットだもん。その絵の印象がとても好もしかったので、今回の美術展をとても楽しみにしていました。


caill.jpg


構成は以下の通り。
1. 自画像
2. 室内、肖像画
3. 近代都市 パリの風景
4. イエール、ノルマンディー、プティ・ジュヌヴィリエ
5. 静物画
6. マルシャル・カイユボットの写真


続きを読む

2013/12/03

パナソニック汐留ミュージアム「モローとルオー 聖なるものの継承と変容」展

既に1ヶ月ほど前の話になりますが、パナソニック汐留ミュージアム「モローとルオー 聖なるものの継承と変容」展に先日行ってきました。この美術館の開館10周年記念展。そうかー、汐留の再開発からもう10年が経つのですね。

リニューアルの為に閉館中のパリのモロー美術館からも作品がいろいろ来ていました。一番モローっぽいのは美術展のヴィジュアルにも使われている「ユピテルとセメレ」かな。同題のモローの代表作の方ではないけど、そちらとはまた違った静かな迫力がありました。


moreau.jpg


構成は以下の通り。
1. ギュスターヴ・モローのアトリエ
2. 裸体表現
3. モローとルオーの往復書簡
4. 聖なる表現
5. マティエールと色彩
6. 特別セクション 幻想と夢


続きを読む