FC2ブログ
2013/06/02

静岡市美術館「レオナール・フジタとパリ 1913-1931」

ようやく美術館巡りに行ける位のコンディションに戻ってきたので、駆け足でいろいろ巡っています。

今回は名古屋方面へ遠征してきました。もちろん見たいものがあるから行くわけですが、同時にリフレッシュでもあり、(ちょっと時間が経ってしまったけど)母の入院ケアに対する自分へのご褒美も兼ねておりました。自分の事だけで全てが完結するシンプルさに羽根を伸ばしつつ、家族がいる日常にも感謝できる。なので、まだしばらく定期的に続けたいなーとも思っているのです。


まずは静岡市美術館で開催中の「レオナール・フジタとパリ 1913-1931」展へ。近年フジタの美術展はいろいろな切り口で開催されていて、私も少ない経験なりにいくつか鑑賞してきました。そして今も静美の他に東京富士美術館(6/30まで、挿絵本)、日比谷図書文化館(6/3まで、日本での本の仕事)と開催中。他にブリヂストン美術館の「Paris、パリ、巴里─日本人が描く 1900–1945」にも5点くらい展示されていて、正にフジタ特集の様相。

fjt1.jpg

「レオナール・フジタとパリ 1913-1931」展、構成は以下の通りでした。
第1章: 渡仏以前--画家への道
第2章: 模索の時代--パリの潮流の中で
第3章: 成功への階段--パリ美術界へのデビュー
第4章: 栄光の時代--エコール・ド・パリの寵児
第5章: 新たなる旅断ち--マドレーヌとともに
フジタが交友した芸術家たち


続きを読む