2012/12/31

年末のご挨拶

2012年、みなさまにはどんな1年でしたでしょうか。

私にとっての2012年は、iPhone4S&iPad2, 美術館遠征、イーサンとジョーちゃんの引退、北国の海の幸、それと10円玉ハ○、ですかね。最後のについてはスルーでお願いします(笑)。

あと、人生の残りの期間についてけっこう考える事が多くなった気がします。あまり迷ったり停滞したりしてる暇はないなーって。このブログの右カラムに「ニュートラルにシンプルに生きたいと願う煩悩持ち」と自分の事を書いていますがその想いが更に強くなってもいます。


来年は停滞しているあれやこれやを整理しつつ、道を整えて行く事になるのかな、という気がしています。フットワーク軽くいきたいっす。

では皆様どうぞよいお年をお迎え下さい。来年もどうぞよろしくお願いします。

2012/12/30

「メトロポリタン美術館展 大地、空、海 - 4000年の美への旅」

もう1ヶ月も前の事になってしまいますが…東京都美術館で「メトロポリタン美術館展 大地、空、海 - 4000年の美への旅」を見てきました。「○○美術館展」が多かった印象のある2012年、たぶん最後に開幕した単一美術館展だったかもですね。東京都美術館はリニューアル後の初訪問でした(マウリッツハイス美術館展は神戸で見たから…)。金曜夜間開館の日の午後5時前は既に暗くて、明るいエスカレーターを降りて入口へと向かうのもワクワク。

met.jpg

構成は以下の通り。

第1章 理想化された自然
1-1: アルカディア - 古典的な風景
1-2: 擬人化された自然
第2章 自然の中の人々
2-1: 聖人、英雄、自然のなかの人々
2-2: 狩人、農民、羊飼い
第3章 動物たち
3-1: ライオン、馬、その他の動物
3-2: 鳥
第4章 草花と庭
第5章 カメラが捉えた自然
第6章 大地と空
6-1: 森へ
6-2: 岩と山
6-3: 空
第7章 水の世界
7-1: 水の生物
7-2: 海と水流


続きを読む

2012/12/28

今年見た美術展ベスト3

あら、もうすっかり年末になってしまいましたね…新しい年を迎える準備に、例年通りバタバタしております。美術展感想があと1つ、メトロポリタン美術館展が残っているのだけど、年内は無理かなー。行く気満々だった篠山紀信展に結局行けなくてがっかりしつつ。(全国巡回するみたいなので、遠征で他といい組み合わせが出来そうな場所があったら考えてみたいような…)夜になるともう起きていられなくて、夜9時とか10時に爆睡する日々です。でも今日はもうろうとしつつ、まだ起きてますけども。


でね、数えてみたら、今年は美術展(常設のみも含めると)に22回行ってました。見逃したものも多々あって、新聞やwebで見かける「今年の美術展ベスト3」みたいなのを拝見しても、見てないものばかりなんですけどね。

でも、私なりにベスト3、考えてみました。選考基準は「身もだえするほど好き」度と、「その後の影響」度、それと「目から鱗」度。

・練馬区立美術館「バルビエxラブルール」
・岐阜県美術館「象徴派展ー夢幻美の使徒たち」
・三重県立美術館「Katagami Style」
次点:三菱一号館美術館「バーン=ジョーンズ展」


「バルビエxラブルール」は、身もだえ度最強でした。それと、挿画本というコレクションのジャンル、彫り師、刷り師といった匠、版画のあれこれにも知識が増えて、その後の美術鑑賞が少し豊かになった事も大きい。

象徴派展は好みど真ん中で、こちらも身もだえ度高し。かなり幅広く様々な画家を取り上げていたので興味に広がりが出て、その後の影響という意味では一番大きかったかも。

「Katagami Style」は東京で見逃しての遠征だったけど、見逃さなくてホントによかった。型紙の影響という今までとは違った「見どころ」を提案してくれたというのも大きいし、自分の好きなものの根底にあるのも型紙?と思ったり。

次点のバーン=ジョーンズもよい展示でした。身もだえ度は負けず劣らずだったけど、上の3つのその後への影響が大きすぎたので入選ならず。

あと、マウリッツハイスやエルミタージュ、リヒテンシュタイン、メトロポリタンなどの美術館展でオールド・マスターの素晴らしさに開眼できたのは何よりでしたw 他に、デュフィ、ファンタン=ラトゥール辺りが今年新たなお気に入りに。


て、ところすかね。年内にあと1回なんとか更新したいと思っているので、年末のご挨拶はその時に。(がんばれ私)

2012/12/16

「手の痕跡展」

国立西洋美術館「手の痕跡展」を見てきました。こちらは国立西洋美術館所蔵品からロダンとブールデルの彫刻、版画、素描を展示したもので、所蔵品だからということでほとんどのものは写真撮影可(撮らなかったけど)。

実はこちらより常設特集展示のマックス・クリンガーが目当てだったのですが、彫刻も予想以上に楽しめました。面白かったです。普段は収蔵庫に保管されているような作品も多く出ていたそうで、よい機会をいただいたと思います。

tnk.jpg

構成は以下の通り。

第1章 古代やルネサンス彫刻の探求と成果
第2章 肖像・頭部彫刻
第3章 人体の動勢表現
第4章 記念碑制作
第5章 版画・素描


続きを読む

2012/12/15

「マンチェスター大学ウィットワース美術館所蔵 巨匠たちの英国水彩画展」

これも先月の事ですが、Bunkamura ザ・ミュージアムで「マンチェスター大学ウィットワース美術館所蔵 巨匠たちの英国水彩画展」を観ました。既に終了してしまっておりますが…(この後、新潟県立万代島美術館に巡回)。東京に来る前に 岡崎→島根と開催されて、待ちきれなくて岡崎まで行こうと真剣にスケジュール立てる位(結局行けなかった訳ですが〜)に楽しみにしていた美術展でした。

会期終了まで2週間を切っていたからか、なかなかの混雑(ザ・ミュージアムは比較的いつ行っても大抵混んでいますが…)。

ssi.jpg

さて、構成は以下の通り。

第1章 ピクチャレスクな英国
第2章 旅行: イタリアへのグランド・ツアー
第3章 旅行: グランド・ツアーを越えて、そして東方へ
第4章 ターナー
第5章 幻想
第6章 ラファエル前派の画家とラファエル前派主義
第7章 ヴィクトリア朝時代の水彩画
第8章 自然


続きを読む

2012/12/14

「20世紀フランス美術の栄光展−鎌倉大谷記念美術館所蔵 ヴラマンク、デュフィを中心に−」

フレッシュひたち号に乗って、笠間日動美術館「20世紀フランス美術の栄光展−鎌倉大谷記念美術館所蔵 ヴラマンク、デュフィを中心に−」を観てきました(先月の事ですが…)。

鎌倉大谷記念美術館は、ホテルニューオータニ創業者の大谷米太郎氏と前会長の大谷米一氏の美術コレクションを、米一氏の鎌倉別宅を美術館として展示していたそうなのですが、残念ながら2009年12月より休館中。エコール・ド・パリ、特にデュフィのいいものをお持ちだとかで、この機会を逃す手はないなーと出かけてきた次第です。

121117.jpg


ここもある意味観光地美術館という位置づけになるのかもですが、客層はともかく展示品は充実していて見応えありました。流石に画廊系列だけの事はありますね。楽しかったです。


続きを読む

2012/12/13

「藤田嗣治と愛書都市パリ−花ひらく挿絵本の世紀−」

1ヶ月前の話になりますが、旅行の際に札幌の北海道立近代美術館で「藤田嗣治と愛書都市パリ−花ひらく挿絵本の世紀−」展を見てきました。本展は札幌の前に07/31-09/09まで渋谷区立松濤美術館で開催されていたもの。松濤なら300円で見られたものを、わざわざ札幌で1,000円で見る私、と。これが目的の旅行ではありませんが、見逃さずに済んでよかったと心から思える美術展でした。

121111_03.jpg


構成は以下の通り。

1.「藤田嗣治の挿絵本」
 1-1.愛書都市パリ
 1-2.記憶の中の日本
 1-3.フランス文化との対話
2.「エコール・ド・パリの挿絵本とその時代」
 2-1.花開く挿絵本の時代
 2-2.秩序への呼びかけ

続きを読む

2012/12/12

函館・札幌旅行#7

旅行最終日。目覚めもぱっちりで、早朝からお風呂堪能。結局3回入ったのかなー。この日は札幌に移動だったので早めにチェックアウトしてしまったのですが、そうでなければ少なくともあと1回は入れたのにね…残念。また来ますとも。(ということで旅行記恒例最終回の早足に突入致します)

朝ご飯はこちらも和洋バイキング。大きなホテルだけあって、種類も多かったですよ。連泊しても余裕で朝ご飯を楽しめそう。自宅へ送る荷物の手続きを売店で済ませつつチェックアウトして、ホテルにさようなら。タクシーで函館駅へと向かいました。

121111_01.jpg


続きを読む

2012/12/11

函館・札幌旅行#6

他の観光地からはちょっと離れた場所にあるトラピスチヌ修道院はバスもちょっと不便なんですよね。帰りはまたタクシー呼ぶつもりでいたら、「待ってましょうか」と運転手さん。行きと帰りは別精算だったのは良心的というか、どうやらここに来るタクシーはみんなそんな感じで営業してるみたいでした。

さて、こちらの修道院で1つ残念だったのは、聖母マリア像が修復中で覆いがかけられていて見られなかった事。あら…。見学できるエリアの限られた場所ですが、夕方近くなっても観光バスでお酒の入った賑やかな団体客が来たりしていたので、静かな空気を選びながら見学という感じ。

121110_12.jpg


続きを読む

2012/12/10

函館・札幌旅行#5

お腹もいっぱいになったので、観光しつつ湯の川方面に移動開始。まずは五稜郭!函館到着から丸24時間で、既に4回五稜郭公園前電停を通過しておりますが(笑)ようやく下車。電停から10分くらい歩いたでしょうかねー。素晴らしく晴れた日で足取りも軽く、まずは五稜郭タワーで上から星型を満喫する事に致します。入場券を買った時に(ポッキーの日企画で)1人1箱、ポッキーいただいちゃいました。

121110_04.jpg


続きを読む