2012/10/25

「アントワープ王立美術館所蔵 ジェームス・アンソール - 写実と幻想の系譜 -」

デルヴォー展に続いて、損保ジャパン東郷青児美術館「アントワープ王立美術館所蔵 ジェームス・アンソール - 写実と幻想の系譜 -」を見てきました。

近日中に行くつもりでサイトを見たら、「※展示替の為、10/23〜「ワーテルローの胸甲騎兵」は展示されません。何卒、ご了承ください。」って書いてあったので、慌てて週末の予定に追加。

新宿で買い物して荷物が増える予定だったので先に府中に行ったのですが、同じベルギーの画家で交流もあった2人、年代順にアンソール→デルヴォーでもよかったかな、と後で少し思ったり。

121020_2.jpg

構成は以下の通り。

第1章 写実とアカデミズム
 1.アンソールの美術アカデミーにおける古典的描写方法の習得
 2.外光主義(プレネリスム)
 3.アンソールとブリュッセルの仲間たちによる写実的な静物画と肖像画
 4.画家は近代の真の英雄である
 5.近代生活のイメージ
 6.貧しき人々の尊厳
第2章 グロテスク絵画に向けて
 1.光の感受性
 2.線の感受性
 3.ジャポニズム
 4.創造手段としてのあやかし
 5.アンソール芸術における“死の舞踏”とその他の骸骨
 6.仮装
 7.カリカチュア、悪魔、仮面
 8.プリミティヴィスム:いわゆる15世紀初期フランドル美術の再発見
 9.風刺


続きを読む

2012/10/24

「ルネサンスから印象派まで」

ふと思い立って、雀さんと東京富士美術館に行ってきました。ずいぶん前に1度行ったきりだったのですが、最近見かけたココの「ルネサンスから印象派まで」のポスターに興味をひかれて。

121013.jpg


ヴァン・ダイクによる女性の肖像画がここにも1枚。「ベッドフォード伯爵夫人 アン・カーの肖像」はほぼ正面を向いたポーズ。なだらかな肩のラインと巻き毛から見え隠れする真珠、洋服の質感が印象的。

オランダの風景画やフランス・ハルスの人物画など、マウリッツハイスを思い出させるものも何点か。カナレットが3枚飾られていて、前に見た時に気に入った「ヴェネツィア、サンマルコ広場」との再会は嬉しかった。

ブーシェ「ヴィーナスの勝利」には、エルミタージュ展の寓意画にいたクピドと同じコかしら?というクピドたちもいて。ヴィジェ=ルブラン「ユスーポフ侯爵夫人」は名画といってよいのでは。最近あちこちで見たヴィジェ=ルブランの中では一番好きかも。

風景画の人という印象があったコローの「ユディット」は1人うつむいて佇んでいる様が、他の画家が描くユディットとは一線を画していました。自分がホロフェルネスを討つのだ、という決意をした時なのでしょうか。それともホロフェルネスの首は見えないけれど、彼女の右手と着衣は既に血で汚れている?

一つ気になったのは、素人目にはあまりコンディションのよくないものが目に付いたような気がしたこと。ガラスの反射でそう見えたのかなぁ。


特集展示は「ナポレオンの美術」。ううむ、こんなにたくさん(まだまだごく一部らしいですが)ナポレオン関連をお持ちだとは。でも、私にとってナポレオンといって真っ先に浮かぶのは、アシュトン振付「シンデレラ」に登場するナポレオン。(このバレエを見た事ないと判らないですよね、すみません・笑)。ちょっと滑稽なそのナポレオンを思い出して、ニヤニヤしながら見てしまったのでした。申し訳ない。


いくつか見たいと思っていた絵が見られなかったのですが、どうやら現在福島で「愛、命、絆… 洋画の巨匠たち 〜東京富士美術館名作100選〜」という美術展が開催されているようで。そちらにフジタやヴィジェ=ルブランのマリー・アントワネットの肖像、この美術館の顔であるジュール・ジェーム・ルージュロン「鏡の前の装い」やルノワール「赤い服の女」などはお出掛けしているのですね。

ではまたいずれ、それらの絵に会いに来る事にしましょう。ここのクリムトもまだ見たことがないし。

帰りに八王子の道の駅でたんまり野菜を買ってご満悦で帰宅しましたです。今度はムラウチのバルビゾン派も拝みにいかないと。


2012/10/23

「ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅」

先々週に見た美術展の感想を出す前に、先にこちらを出してしまいます。


週末、府中市美術館「ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅」展に家人と行ってきました。興味はあるけど行こうかどうしようか…と思いながら別の美術展でもらった本展のチラシを夫に見せたんですよね。そしたら、「お、ポール・デルヴォー!」と予想外の食いつき(笑)。全く何でもよく知っている人なんでございますよ。かないませんな。

夫曰く、デルヴォーはある年齢以上の鉄道模型好きには有名なのだとか。自分の絵に鉄道モチーフを入れる事が多く、そういった絵のいくつかが(夫が昔買っていた)鉄道模型雑誌に紹介されていたのだそうです。へー、そうなんだ!と手元の美術展チラシを見てみましたら、確かに電車が描き込まれた絵が何枚も。それなら是非一緒に行こうじゃないか、ということで本日の来訪となりました。

121020_1.jpg
「夢に、デルヴォー。」…確信犯ではあるのでしょうけど(笑)。


構成は以下の通り。

第1章 写実主義と印象主義の影響
第2章 表現主義の影響
第3章 シュルレアリスムの影響
第4章 ポール・デルヴォーの世界
- 欲望の象徴としての女性、男性の居場所
- 生命の象徴としての骸骨
- 汽車、トラム、駅
- 建築的要素
- ルーツとしての過去のオブジェ
- フレスコ壁画
第5章 旅の終わり


続きを読む

2012/10/22

「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」

神戸に移動して、神戸市立博物館「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」。言うまでもなく、東京でも大ヒットを記録した美術展です。東京で見られず、神戸の方が少しは人が少ないかも、と淡い期待を抱いて訪問。

121011_2.jpg

東京では昼間は平日でも入場待ちになるケースが多かったと思いますが、神戸ではまだ閉幕まで時間があるせいか、平日昼過ぎの入場待ちはありませんでした。あらかじめ入場券を買ってあったので、チケット購入待ちについては不明。ただ、会場内の人は最近見た展覧会の中では一番多かったですね。やっぱりメガヒット美術展だけのことはありました。たぶん朝イチや夕方ならもう少し快適に見られたでしょうけど。

構成は以下の通り。

1. 美術館の歴史
2. 風景画
3. 歴史画(物語画)
4. 肖像画と「トローニー」
5. 静物画
6. 風俗画


続きを読む

2012/10/21

「大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年」

遠征最終日。まずは朝イチで前日開幕したばかりの京都市美術館「大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年」展へ。ええ、これも東京で見られなかったんですってば。到着したのは開場10分前くらいだったかな。ほんのり霧雨が降るお天気でしたが、開幕2日目とあって熱心なお客さんが3-40人並んではりました。最終的には後ろにも同じ位並んでいたかも。少しは早めに開場するのかなーとうっすら期待していたけどオンタイムでした。

121011_1.jpg

京都市美術館の建物もステキでしたねー。何か別の建物を流用した美術館なのかと思ったら昭和8年竣工で日本で2番目の大規模公立美術館として設立されたものなのですか。(前田健二郎設計図案)。現在東京で開催中のリヒテンシュタイン展もここで展示するそうですが、建物の格とあったよい美術展になるのでは…(バロックルームの再現は東京だけみたいですけれど)。

開場直後でしたので(みなさん最初から順番にじっくりご覧になりますから)、人混みを避けつつ、とても快適に見られました。

構成は以下の通り。

第1章 16世紀 ルネサンス:人間の世紀
第2章 17世紀 バロック:黄金の世紀
第3章 18世紀 ロココと新古典派:革命の世紀
第4章 19世紀 ロマン派からポスト印象派まで:進化する世紀
第5章 20世紀 マティスとその周辺:アヴァンギャルドの世紀


続きを読む

2012/10/20

「美しき日本の自然」

愛知県美術館で「美しき日本の自然」展を見てきました。ホントは今回ここは予定に入れていなかったのですが、1日の締めくくりにクリムトの絵に再会するのもよいなーと思ってね。結果、東海3県の県立美術館を1日でハシゴした事に(笑)。いずれも充実したよい美術館でした。

さて、手元に「美しき日本の自然」出品リストがないのですが(置いてあったのかな、もらいそこねちゃった…)、愛知県美術館と愛知県陶磁資料館との共催との事。名古屋のど真ん中とは思えぬ静かな空間に、描かれた日本の四季が静かに佇んでいました。

nhn.jpg

構成は以下の通り。

第1章 秋草の美学
第2章 胸中山水
第3章 美しき日本の自然


巨匠による名画、素晴らしい作品はたんまりあったのですが、私の一番は安田靫彦「月の兎」。全長15mの絵巻に描かれたこのお話、みなさんご存知でした?私は知らなくて、絵巻を追いながら泣きそうになりましたですよ。お話もそうですが、絵がまたよくて。語る言葉の持ち合わせがないのが本当に情けないけれど、一筆一筆が絶妙で。ガラスケースの前を何往復もしてしまいました。

ガラスケースといえば、普通ならガラスケース越しになってしまうであろう屏風がそのまま見られたのもスゴイ事では…。


そして、お目当てのコレクション展へ。こちらの目玉は、寄付金2億9800万円で購入したゴーギャンの初公開。この絵はキャンバスの両面に別の絵が描かれていて、今回はその両面を見る事ができます。片側が「海岸の岩」、もう片側が「木靴職人」。「海岸の岩」が横長、「木靴職人」が縦長に描かれているので、片方に合わせるともう片方が横向きになってしまうんですね。私が見に行った時は「木靴職人」が正面でしたが、10月30日からは「海岸の岩」が正面になるとの事。

コレクション展示とはいえ、さすが愛知。ものすごい充実度で楽しかったです。象徴派から20世紀美術というのが好みだからでもあるのですが。そういえばデルヴォーが1枚(「こだま」)ありました。アンソールやデュフィなど興味のある画家の作品もあってラッキーでした。

そしてやっぱり、私はクリムトの前から動けず…。「人生は戦いなり(黄金の騎士)」を見ると、こちらの背筋までピンとなります。美しさに見惚れると同時に、この絵に込められた強い意志が100年以上経った今も変わらずに見る人を奮い立たせる、ように思います。


APMoA Project, ARCHという、愛知県立美術館の学芸員がいま当館で紹介するにふさわしい作家を選び企画展の会期に合わせて紹介する、というプロジェクトのvol.3、西岳拡貴「Road of Sex」は東京から愛知まで約375キロの道のりにラテックス(液体ゴム)を塗って巻き取り、塊にしていく、というもので、メイン会場には、その巻き取られた固まりのラテックスと、作業中のヴィデオ、そして巻き取っていったルートの地図が展示されていました。

5分くらいしか見ていなかったのですが、あれ、芯は何なのかなー。展示されたラテックスの固まりは既に球というにはだらりと溶けかけた形状になっていたけれど、あの中には地面の様々なものが巻き取られているんですよね。好きかっていうと「うーむ」なのですが、こうした美術館と作家とのプロジェクトを見られる機会はよいと思いましたです。


12月末から始まる「クリムト 黄金の騎士をめぐる物語」展も、できればここで見たいかな…とぼんやり計画中。一緒に組み込める美術展を探してみよう…

2012/10/19

「マルク・シャガール - 愛をめぐる追想」

岐阜県美術館で開催中の「マルク・シャガール - 愛をめぐる追想」展を見てきました。岐阜美は象徴派展に続いて2度目。前回は真夏で焦げるほど暑かったけど、今回はそんなこともなくてよかったです。でもお日様ぴかーだったから、敷地内散策できなくて残念。小さなお子さんとお母さんがベンチでお弁当食べたり、大学生カップルがお散歩デートしてたりしていい感じ。

121010_2.jpg
あ、建物切れてるし。


同じ名前の美術展が(東京では)日本橋高島屋で6月に開催されていたのですが、そちらはジュネーブのコレクターの所蔵品39点と岐阜美の連作版画「サーカス」38点で構成されていたとの事。そのラインナップに国内の美術館や法人で所蔵されている油彩などを加えた美術展、というのが私が見たものになります。(岐阜美の前に岡山県立美術館でも開催)


構成は以下の通り。

1. 村、祭り、音楽
2. 人、動物…重なり合う世界
3. 聖書、結婚の神秘…シャガール芸術における宗教性
4. 恋人たちと花束


続きを読む

2012/10/18

「KATAGAMI Style 世界が恋した日本のデザイン」

三重県立美術館で「KATAGAMI Style 世界が恋した日本のデザイン」展を見てきました。はい、そーなんです…コレ、東京で既に開催して大変話題になった美術展なのですが見られなかったのです。前週に見たブリヂストン美術館「ドビュッシー展」に出展されていたドニの絵に「あら、型紙の印象?」と思うものがあったのですね。この美術展見たら絵画の見方が劇的に変わりそうだし、構成(下記参照)からして私好みなのも間違いないので、他の見逃した美術展などと絡めていい感じのスケジュールが組めたので行ってきました。

121010_1.jpg

構成は以下の通り。

第1章 型紙の世界 - 日本における型紙の歴史とその展開
第2章 型紙とアーツ・アンド・クラフツ - 英米圏における型紙受容の諸展開
第3章 型紙とアール・ヌーヴォー - 仏語圏における型紙受容の諸展開
第4章 型紙とユーゲントシュティール - 独語圏における型紙受容の諸展開
第5章 現代に受け継がれる”KATAGAMI”デザイン


続きを読む

2012/10/17

「マルク・シャガール展 - 油彩・版画・タピスリー」

松坂屋美術館で開催中の「マルク・シャガール展 - 油彩・版画・タピスリー -」を見てきました。たぶん、渋谷区立松濤美術館で12月に開催されるものと同じではないかと思うのですが…。松濤美術館なら300円プラス交通費で見られるのだからそちらに行けばよいものを、遠征のスケジュール上名古屋で、ということになりまして。百貨店の美術館は百貨店のお休み以外は無休なのがいいですよね。開館時間も長いし。


chg.jpg

構成は以下の通り。

  1. サーカス
  2. 聖書
  3. タピスリー《平和》
  4. 雄鳥と恋人たち
  5. 花束と人物
  6. 色の分割
  7. 地中海の青

続きを読む

2012/10/16

「シャルダン展 - 静寂の巨匠」

三菱一号館美術館で開催中の「シャルダン展 - 静寂の巨匠」を見てきました。シャルダン…この美術展の事を知るまで、知らない画家でした(笑)。今回が日本で初めてのジャン・シメオン・シャルダンの個展なのだそうです。世界各地から集めてきた38点が展示されています(プラス、三菱一号館美術館のコレクションからシャルダンの影響を受けた画家たちの作品数点&ルドンのグラン・ブーケも)。

38点って少ないよね、と思わなくもないし、実際あのこじんまりとした三菱一号館美術館の展示スペースですら空間余り気味ではあったのですが、38点が日本に集結しただけでもスゴイ事みたいです。現在所在が確認されているシャルダンの作品は238点あるそうですが、個人蔵であったり美術館を代表する作品であったりで貸し出しを受ける事が難しいのだそうです。それに、じっくりと絵と対峙出来るのはこの点数だからこそなのかも。


121005_2.jpg


構成は以下の通り。

1. 多難な門出と初期静物画
2. 「台所・家具の用具」と最初の注文制作
3. 風俗画-日常生活の場面
4. 静物画への回帰
5. シャルダンの影響を受けた画家たちと《グラン・ブーケ》 三菱一号館美術館のコレクションから


続きを読む