2011/01/31

スポーツニュース巡り中。

キャンプイン前夜という事で、久しぶりに夜のスポーツニュースをハシゴ。今日はサッカー日本代表の帰国とインタビューがメインだし(堪能!)、プロ野球もまず間違いなく全局が斎藤投手がメイン&トップだから、期待はしてないけども。


そーいえば、ホークスにえらくごつい外人が入団しておりました。
http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/7011.html
眉毛に線が入ってます。カブレラが優等生に見えます(笑)。ユニフォームのボタンは上まできちん留めなさい!と思ってしまう私は古すぎますか…。

もちろん活躍してくれれば、褒め称えますけどもー。

スポンサーサイト
2011/01/30

オルフェオとエウリディーチェと天国と地獄と伊良部一郎(笑)

日本中がアジアカップを見ていたであろう時間に、BShiのプレミアムシアターでオッフェンバック「天国と地獄」。軽く皮肉の効いたオペレッタ、面白かった!演出は現代風で、それが効いていたような。といってもこの作品を見るのは初めてだったのだけど、グルックの「オルフェオとエウリディーチェ」のパロディで話は知っているも同然だから。

グルックの元ネタオペラは好きだし、その土台のギリシア神話もぼちぼちと読み進めている。それにバレエや絵画のおかげで、オリュンポスに集まる神様たちも馴染みが出てきましたからねー(笑)。昨夜のプロダクションが面白かったので、なぜかうちにあるもう1枚の「天国と地獄」DVD(こっちはデセイが出ているらしい)も、近々鑑賞しようと思いますです。

昨夜放送した「天国と地獄」はいわゆる超ビッグネームは出演していなかったけど、出演する歌手たちの役者っぷりも悪くなく。特にオルフェ役のジュリアン・ベール Julian Behr、声よし演技よし、顔芸も笑える。そして、誰かに似てる…とずーっと考えていて今思い出した!でも私の「似てる」は他の人に共感をもらいにくい「似てる」なので、ここには書かない(笑)。


エクサンプロバンス音楽祭も楽しそうだなーと(もちろん行けないけど)オフィシャルサイトを見たら、今年は勅使川原三郎の演出/美術/衣装/照明でヘンデル「アシスとガラテア」をやるんですって。アシス役の1人にもジュリアン・ベールの名前があって、にやり。
http://www.festival-aix.com/

バロックオペラにコンテンポラリーダンスを合わせるのは今の潮流でもあるけれど、てっしーの演出だとこれ以上ないほどにシンプルな舞台になりそう。写真でしか見てないけど去年フェニーチェ歌劇場で演出したパーセル「ディドとエネアス」みたいな感じになるのかな。てっしーの美意識は好きだから、映像撮ってNHKで放映してくれるといいなー。


NHKは4月からテレビ4波に減ってしまうので、オペラやバレエの放送が減ってしまうのでは、ととても心配。録り逃した時の再放送も激減しそうな気がするし。NHK教育「芸術劇場」もなくなっちゃうんだもんねぇ…。


あ、テレビネタついでに。今夜からテレ朝深夜ドラマ枠で「Dr.伊良部一郎」が始まりますねー。原作大好きだけど、伊良部=徳重聡、マユミちゃん=余貴美子ってキャスティングはびっくりした(笑)。でも、とりあえず録画予約。
http://www.tv-asahi.co.jp/irabu/

2011/01/28

星いくつでしょう

アーチャー本読了。

話の運びは相変わらず上手くて、読み始めると止まらない。でも、けっこうさらっと読めちゃった。私の読書は大抵読み終わったら即最初のページに戻って1,2回読みなおし、って感じなんだけど、そういう欲もわいてこない。うむー。今までみたくゴツゴツした「ひっかかり」がないのは実話をベースにしてるから、なのかな…。それとも、この実話に思い入れがないからなのか。

原書を見てないので何ともいえないのだが、明らかに日本語として前後の文と意味が違う、誤訳と思われるところもあり。登山をなさる方たちには、冒頭の1文も変らしいのだが…。まぁ誤訳自体は前任者にもたまにあった事だけれども。


未読の活字もけっこうたまってはいるのだが、アーチャー本を片っ端から再読したくなってきた。いや、するだろうコレは。それはそれで、幸せでたまらないハズ。

2011/01/26

今年のホークスのスローガンは「ダ」、らしい。
http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/6979.html

ダ、はともかく、その黄色いマルにダ、ってマークはマーケティングとか広報方面の力を感じさせすぎて微妙…。結果的に強いチームとしてシーズンを終了すれば、これが2011ホークスの象徴って思えるのかもしれないけど。

スローガンが決まると、いよいよキャンプイン近しって感じでそわそわしてきます。

2011/01/26

アーチャー新刊

ジェフリー・アーチャーの新刊が発売になっていたの、まーったく気付いていませんでした。たぶん、不調で新聞数日分まとめて とばし読みしてた頃に広告が出ていたのかなぁ…。慌てて買いましたよ、「遙かなる未踏峰」上下巻。

読むのはまだこれからです。今までずーっとアーチャー本の翻訳をなさっていた永井淳氏は、アーチャーの前作「誇りと復讐」を翻訳なさった後に亡くなられているので、今回は戸田裕之氏による翻訳。アーチャー本の楽しみの1つに永井氏のあとがきを読むことも含まれていたので、今回の読後はちょっぴり淋しくもなりそうです。山岳ものって私はほとんど読んだ事がないと思うし、アーチャーの手腕と戸田氏の翻訳を含め、たっぷり楽しみたいと思います。

2011/01/19

五家宝=しあわせ♪

じゃん様が五家宝買ってきてくれました。ビバきなこ。

先週も京王駅弁大会のお土産として買ってきてくれたのですが、気がついたら食べ尽くしてました…ええ、一人で16本。京王駅弁大会では実演販売なので、柔らかくて美味しいのです~。まぶされているきな粉もたーっぷり入っていて、ふっかふかでたまらないの~。3日で完食ってのはよろしくない気がするけど、1年にこの時期しか食べないお菓子なので自制心というものが働かない…。

何しろ実演販売で袋詰め、なので、持っているだけで きな粉の香りがぷーんと漂ってきます。私なぞは幸せ~な気持ちになるけど、きな粉嫌いのじゃん様には地獄。なのに、それを買いに行かせる私も鬼、ですわね。申し訳なか。

2011/01/18

ひきつづき

相変わらず朝ドリンクの試行錯誤中。

今日はニンジンの分量を増やしてみた。昨日の倍量。結果、かなりざらざらツブツブとした口当たり。昨日のレシピよりは好みかな。でも、これならニンジンポタージュの方がいいのでは、という気もする。スープだとカロリーも上がるけど、暖かい分代謝もあがりそう。朝スープならば、にんじんに限らずいくらでもバリエーションがあるしねー。

でも、朝一はドリンクくらいが適当なんだけど。もう少し研究してみる。

2011/01/17

お試し中

バナナドリンクの後釜を探しているワタクシ。今日は、ハンディブレンダーのレシピブックよりニンジンジュースを試してみました。市販のオレンジ果汁100%ジュースとにんじんをガーっとするだけ。

つくる前から想像できる通り、にんじんが細かーくなってオレンジジュースに混じった細かいつぶつぶジュースなので、味はオレンジジュースのまま。うーん。悪くはないが…バナナドリンクの後釜としては微妙。でもこれ、毎日飲んだら美肌になるかしら?何とか工夫してみようかなー。

バナナ抜きで、豆乳+黒ごま+きな粉のドリンクでもいいかもね。冬はちょっと暖めれば。昨日の豆乳鍋で豆乳の在庫を使い切ってしまったので、また買ってきて試してみる事にする。

2011/01/16

杉内inトップランナー、と豆乳鍋。

昨日の杉内出演のトップランナー、面白かったです。甲子園の2回戦で松坂と当たっていたんですねー。松坂に2ランHR打たれた場面が流れてました。

隔年活躍の頃の話とか、例の骨折事件とか、昨シーズンのお立ち台号泣とか、本人的にはあまり触れられたくない話題もあったかと思うけど、今は押しも押されぬ活躍をしている訳だしね。

わっちからのメッセージVTRが流れて、2人の間の微妙なライバル心みたいなのが(特に杉内の側の)透けて見えたのも面白く。本当はうちにはもっと先発の柱が何本もあったハズなんだけど(とほほ)今年も2人が中心になってチームを引っ張ってくれる事を期待。そして、最後の最後に秋山監督の胴上げを。

ところで、杉内って2001年ドラフトの3位指名だったんだよね。その年のうちの1位はもちろん寺原。
http://ja.wikipedia.org/wiki/2001年度新人選手選択会議_(日本プロ野球)
私はちょうどこのあたりからプロ野球を見始めたので、挙がっている名前にも馴染みが多く。田上も細川もこの年のドラフトだったんだねぇ。


夕飯にじゃん様プレゼンツ豆乳鍋。もはや日本の定番鍋料理になっている感のある豆乳鍋ですが、我が家では初トライでした。美味しくて食べ過ぎた。食べているそばから「こんな味付けはどうだろう」とアイデアがわくので、アレンジの余地もありそうです。シメコメが濃厚でした~。ごちそうさまでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。