2007/12/28

懸賞、大掃除、HR、のだめ in ヨーロッパ

応募したまますっかり忘れていたキリン・ザ・ゴールド プレゼント、「ご当選おめでとうございます」の紙と共に350ml缶1ケースが届きました。びっくり。泡も日本酒も在庫がそこそこあるし、これでビールもしばらく心配なし。年末にいい事があってよかったわー。

今日はワックス掛け。スチームクリーナーで雑巾掛けしてからワックス塗布用の器具(通販生活/タンクつきのモップ)を使っただけなので、私の腱鞘炎にもあまり影響はなし。でも、腰が痛い(笑)。このワックス塗布具は何年も前に母が買ってしまい込んでいたので、ウチで引き取って活用させてもらった次第。1度も使わずにしまいこんでいたのだから、もっと早くもらうべきだったと思うわ。ワックス剥がしは、今年は断念しました。また来年。


激闘!鷹2007 -福岡ソフトバンクホークス全試合・全記録-(2枚組)
ところで、前回の日記に「今日のホームラン」の話を書きましたが、先日買ったDVDの特典映像として、ホークス選手の全ホームランと斉藤/杉内/和田/新垣/馬原のホーム開催試合全奪三振集が収録されてました。よって、コレで全て間に合うのだわ。ただ、あの「今日のホームラン」で使われているBGMが私のアドレナリン分泌を促進するので、この特典映像だと大掃除のお供には使えないけどね。


のだめ in ヨーロッパは2008年1月4, 5日に2夜連続放映です♪ターニャがベッキー、フランクがウェンツ、孫Ruiが山田優、カタイラはアリキリ石井正則、、、ぷぷぷっ、楽しみですよねー。ベッキーのターニャが、写真を見た感じでは最高にヒット。さすがにジャンは外人さん(http://www.van-son.net/)。でもまぁ、よくこういう人見つけてくるよねぇ、感心。
http://wwwz.fujitv.co.jp/nodame/chart/main_sp.html


さて、これが年内最後の更新です。今年も1年お世話になり、ありがとうございました。みなさまにとって2008年がすばらしい年になりますように。来年も、どうぞよろしくお願いします。
2007/12/25

大掃除の季節です

あら、ずいぶんご無沙汰しちゃってました。

私の大掃除の供といえば、「くるみ割り人形」か「シンデレラ」か、あるいは「今日のホームラン 全部見せます!」な訳ですが、今年の「全部見せます」は12月31日の夜なんですって。大掃除の供には使えないじゃん。大晦日のその時間帯に放映するかね、コレ。

両リーグ併せて1,460本のうちホークスのHRは106本しかなかったんですって。不作だったなぁ。ちょっと淋しいです。だいたいジョーが移籍した時点で見る楽しみが半減している事実もあるんですけど。

あ、そういえば我が家、721/739は今契約していないのでした(^^;) ダメじゃん(汗)


そんなこんなで、昨日ようやくレンジフードをやっつけました。せっけん水とスチームクリーナーで今年も比較的簡単に終わりましたが、掃除にかかる前に粉石けんを使い切っていた事が判明!(いまや大掃除でしか粉石けんは使わないので、気付きませんでした) ケーキを引き取りにいく雀坊堂にお願いして粉石けんも買って来てもらったのですが、けっこう探しまわったみたいで、ホントに申し訳ない事をしました。

以前通販生活で買った親水塗装フィルターの効果だと思いますが、内側のシロッコファンとケースの油のこびりつきも、昔程ひどくはありません。石鹸水で汚れを緩めてから、まず使用済みテレカなどのカードを2枚重ねにして汚れをこそげとり、それからスチームクリーナーで更に汚れを緩めて/飛ばして拭き取れば、だいたい綺麗になります。

親水塗装フィルターも、水につけておいてからスポンジでなぞるとすぐに綺麗になりますが、これも石鹸水につけておけば、更に簡単にするっと綺麗になります。


クリスマスのケーキは毎年近所のケーキ屋さんで買って(母が)いますが、今年のケーキ、やたら生クリームが甘くて参りました。前日に新宿高野で美味しそうなケーキを横目に見ていただけに、昨日あんなに美味しそうなケーキが並んでいたのに!とちょっとがっかり。来年はどうしようかしらねぇ。
2007/12/14

ドラマデビュー!...

ホークスの馬原投手がドラマデビューするらしいです、本人役で。
でもKBCなので見られませんー。しくしく。
http://www.softbankhawks.co.jp/players/playersnews/2007/1213.html

来年2月8日、HDDレコーダーを持って福岡にいろ、というのでしょーか。
酷だぜ、まーくん(泣)。


育成担当でホークスに戻って来た(歓迎!)みやじおやじ、表情が明るいので一安心。
お帰りなさい!
http://www.softbankhawks.co.jp/headlines/2007121202.html
http://www.softbankhawks.co.jp/players/playersnews/2007/1211.html
2007/12/07

12球団合同トライアウト

下のエントリーで呪文を唱えていますが、もう1つ書きたい事があったのを思い出しました。

昨夜のTBS「バース・デイ」は、プロ野球12球団から戦力外通告を受けた選手たちを取材。12球団合同トライアウトを受けに集まった選手たちの顔ぶれの中に、去年ホークスを戦力外になってBCリーグの富山サンダーバーズ選手兼コーチとなった宮地克彦選手がいて、その瞬間にもうテレビの前から離れられなくなってしまいました。

その時には既にホークスサイトのプレスリリースで、宮地は2008年からソフトバンクの二軍育成担当に決まったと知っていたのですが、今年もトライアウト受けていたんだと思ったら何だか胸がいっぱいになってしまって。

他にも、倉野や斉藤秀光もいたし(斉藤はベイに決まりました、よかった)ホークスからオリックスに移籍した吉田修司も。祈るような想いで真剣に目で追ってしまいました。現役続行できるといいな。篠原や吉田修司がジョーのミットめがけてバンバン投げてた頃の事、忘れられません。

ちなみに、今年もTBSは戦力外通告を受けた選手にスポットを当てた特番を放映するそーです。12月30日の深夜だったと思う。時間は忘れちゃった。

そんなこんなでホークスサイトに情報を求めていったところ、メディア情報にキラリン!としてしまいました。

「新春特番 STRONG! ホークス2008」出演:王監督 主力選手数名
1月1日(火) 21:30 - 22:30 TOKYO MX
1月3日(木) 11:25 - 11:55 TOKYO MX(再)

やったー!MXさん、ありがとう~。
メディア情報は、見るたびにテレビ西日本とかTVQとかRKB毎日放送とか、羨ましくて仕方がないのですが、東京でも特番が見られるのは嬉しいわー。しかも独自番組かも?わーい。

ああ、でもテレビ西日本の「ホークスハイパー感謝祭」とかRKB毎日放送の「2008宗リン祭り(仮)」とか、うらやまし過ぎ。

ちなみに、先月放映された、王監督特集のNHKスポーツ大陸は、12月15日(NHK総合)と25日(NHK BShi)にも再放送があるそーです。
2007/12/07

今日は呪文を語ります

少し前にBSで、世界に名だたるピアニストたちが集まった公演、2003年のヴェルビエ音楽祭の模様が放映されました。んと、確か何年か前にも放映されて、その再放送。前の時に8人のピアニストによる後半だけ見て「最初から見ればよかったー!」と後悔していたので、再放送は嬉しかったです。

世紀のピアニストたちの共演~ヴェルビエ音楽祭&アカデミー10周年記念ガラ・コンサート・ライヴ
どうやらDVDにもなっているようで。

登場するピアニストは、レイフ・オヴェ・アンスネス、ニコラス・アルゲリッチ、エマニュエル・アックス、エフゲーニ・キーシン、ラン・ラン、ジェームズ・レヴァイン、ミハイル・プレトニョフ、スタファン・シェイヤ(ここまでが後半8人で弾きまくる人たち)、とマルタ・アルゲリッチ(最初にキーシンと連弾するのですが、これが何とも言えないの)。

他にバースデー・フェスティバル・オーケストラとして、ユーリ・バシュメット、ルノー・カプソン、サラ・チャン、イリヤ・グリンゴルツ、今井 信子、ギドン・クレーメル、ミーシャ・マイスキー、ボリス・ペルガメンシコフ、ワディム・レーピン、パトリック・デ・ロス・サントス、ドミートリ・シトコヴェスキ、クリスティアン・テツラフ、ニコライ・ズナイダーの面々が2曲程。ゴージャス。一人でお金取れる人たちばっかり。

ピアノ8台での「ワルキューレの騎行」とか「星条旗よ永遠なれ」「くまばちは飛ぶ」なんて凄かったですよー。「星条旗」なんて私ピッコロ吹きだったので「ピアノにあの音が?」なんて思ってましたが、もう下手なブラバンよりよっぽど音色豊かな合奏でした。ピアノだけなのに。ブラヴォ。

話題のラン・ランは、数年前にこの映像を見た時はこの人の事知らなくて、他の人はみんな黒タキシードなのに一人で鮮やかーなブルーに金刺繍入りのチャイナ服を着て(礼装なんだよね?)目立つ事この上なしだと思っていました。眉の太い荒川良々だと思った位で。あー、無知っておそろしい...

それが今回改めてみたら、音色もやっぱりキラキラで。中国語で「輝き」を意味するというお名前にも深く納得。この時まだ21歳ですよ。実はすごく若いのに、ピアノ弾いてる時はあまりにも自由でふてぶてしささえ感じる程(だから、良々?)。今でこそ髪の毛ツンツン立てちゃったりしてますが、この頃は坊主に近い短髪で、逆に年齢不詳に見えましたねー。

と、中国の郎朗さんについて語ってしまいましたが。
しかしながら、私の中で一番ツボだったのは、スメタナの「台8手のためのソナタ」で連弾したキーシンとレヴァインさんの白黒ふわふわコンビ。もう!なんてふわふわなのー。ぜひ茶色のふわふわであるアニハーノフも並べて愛でてみたいというか、触ってみたいというか。
しっかし、キーシンの方がラン・ランより11歳!も年上だとは思いませんでした。びっくり。

えっと、三色のふわふわは↓こんな感じです。
ショパン:バラード(黒)

パヴァロッティ、ドミンゴ、カレーラス 3大テノール・イン・パリ1998(白)一番右
レヴァインさんは、近影でいい具合に白くてふわふわな写真が見当たらなくてですねー、残念なり。今はもっと真っ白に近いです。で、ふわふわ。

http://www.anikhanov.net/discography.htm(茶)
アニーもよい画像が見当たりませんでしたので、オフィシャルサイトのURLを記載しておきます。よかったら、茶色も確認してみてね。バレエ公演の時にオケピに登場するアニーは、まるで茶色いマリモがすーっと指揮台に向っていくみたいなの。爆裂系の指揮ですが、ロシアものはホントにすんばらしいのです。
2007/12/04

まーくん入籍/アジア代表枠

ホークスのぅまーくん、馬原孝浩投手の入籍が発表になりました!いやー、めでたい。奥様とは去年のシーズンオフに写真週刊誌にキスシーンが掲載されまして(笑)、私としても「いつ結婚するのさ?早くしなさいよっ」って感じだったので、ニヤニヤと喜んでます。

横浜の工藤投手の例などからもよくわかりますが、アスリートがいかに長く現役を続けていけるかという点で重要な事の1つが食生活だと思うのです。ドキュメンタリー番組で見ましたが、工藤さんちの奥さんの栄養管理はホントにすごい。

栄養管理が徹底していれば故障しないとか長く現役が続けられるってものでもないでしょうが、でも大切な礎だよね。だから私は偏食ッコのクルーンとかファストフード好きの相撲取りは信用できません(笑)。ぅまーくんの今シーズンの活躍には内助の功が大きい、とシーズン中から感じていましたから、益々安定した活躍を期待したいところです。(あと、ファッション面もけっこう期待してます・笑)。


そして!!
北京五輪アジア予選。もうね、全然興味なかったんですよ、星野JAPAN。ホークスからはムネしか入っていないし。初戦は旅先のお宿でウトウトしながらテレビつけてて、コールドかよ!みたいな。

でも、韓国戦で火がつきました。いやー、燃えるね。なんだよ、あのデッドボール攻撃。でもって、ちゃんと打つべき人が打つべきところで打つんだよねぇ。あれはホントにすごい。指先が冷たくなる程緊張しながら見ちゃいました。そして、ムネがしっかり日本代表のムードメーカーになりつつあるところにも感激。

台湾戦は完全アウェイで、これもまたどうなるかと思いましたが、ひたむきなプレー続出。村田のあの1塁へのスローイング見た?あんな村田見た事ないっすよ(笑)。いやいや、ホントにすごかった。

そしてテレ朝中継での古田がサイコーでした。もう普通にその辺にいる熱烈野球ファンだったよね。あの場面でのスクイズに、元監督としても相当感心しているようでした。いやー、だってホントにあの場面でスクイズとは!

でも、星野さんの体調面が気になって気になって仕方がなくてねー。もうほとんどずっと真っ赤な顔でベンチに立っていたでしょう?あの人はああして自らを奮い立たせ気合いを入れることでチームをまとめる人なんだけど。帰国してすぐにテレビ局廻りもあるみたいだし、ホントはゆっくり静養して高ぶった神経と体を休めてほしいのよね...
2007/12/04

行ってきました

11月30日から2泊で会津方面に行ってきました。2年以上前からここを見に来て下さる方でしたら、私たちが2年前にも会津に行った事を何となく覚えていらっしゃる方もいらっしゃるかな。

宿はその時とても気に入った、東山温泉の「原瀧」さん。今回は連泊です。3日とも朝出かける時はパラっと雨が落ちたりしたのですが、みるみるうちに晴れてきて好天に恵まれました。雀坊堂の晴れ男パワーは健在なり。会津地方は冬支度がほとんど整った状態で、雪吊りなどの雪対策もほとんど完了しておりました。場所によっては、かなり「シーズンオフ感」が漂ってて、時々淋しくなりましたけど(笑)。

先に雀坊堂が旅行記を書き始めているようですが、私もメモくらいは残そうかなと思ってます。まずは写真を1枚だけ。

温泉
今回泊まったお部屋の展望風呂。朝方に撮りました。この時雀坊堂は爆睡中だったので、彼にはこのショットはないハズ(笑)。

IXYD901を持っていった訳ですが、これはどんなにテキトーに構えてテキトーにシャッター押しても撮れる”写ルンです”のようなカメラですね。カラー補正もほとんどいらないし、世の中でデジカメのダイレクトプリントが普通になるのも当たり前だと思いました。技術革新なのかメーカーの特性なのか、あるいは両方なのか(笑)は私にはよくわからないけど、数年前のデジカメを継続利用してきた私は今までずーっと、デジカメ画像はPhotoshopで補正するのが当たり前だと思っていたので。

私が気に入った動作の軽快さはやっぱり快適で、『デジカメを取り出して写真を撮る』という動作の中でイラっとする事がほとんどありません。スナップに最適。大それた写真を撮る訳じゃないし、自分の中であまりシャッターを押す事にテキトーにならないように心掛けて、楽しんでいければいいのかな、と。

3日間で160枚程度の撮影だったなので、2GBのメディアは余裕だったし、購入時に充電したバッテリーもまだ余裕でした。予備バッテリーと予備メディアを準備していったけど、全く必要ありませんでした。これも最新デジカメに感心する点の1つ。