2007/02/28

一番負けたくない相手に

今日のロッテ戦は負けてしまいました。オープン戦でも悔しいものは悔しい(笑)。明日のお相手は中日です。デニやん出るかしら?

先日、楽天のお店で50枚入りのDVD-Rスピンドルパックを6つまとめて購入したんです。届いてみたら、そのうち2つがケース下部のプラが欠けていて、開封してみたら片方は中の芯がパキっと2つに折れていました。メディアはずっとネット買いしていますが、ケースが破損していたのは初めて。

神経質かもしれないけど、ケースの破片がメディアに付いていたら嫌なのでこういう商品は使いたくない。お店に連絡したら交換してもらえることになりました。お詫びの言葉は1つも書いてないんだけど(笑)。着払いで先に送って、現品確認後新しいものを送ってくれるということなので、近々発送せねば。私はたくさん注文したから他ので間に合うけど、すぐに使いたい人だったら困るだろうに。、、、と思ってしまう私が細かすぎるのかしら。

たぶん、いくら安くてももうここのお店からは買いません。
2007/02/27

8th Anniversary

とうとう9年目に突入です。「お互いよくがんばってるよねー」とにやり。

さて、野球の話。
今日は西武とYahoo!ドームで対戦でした。オープン戦だってのに約3万人の動員は「お帰りなさい、王監督!」のファンの気持ちだよねー。私は最後の方だけ見たので試合内容はよいも悪いもわからなかったのですが、2-0で今年初の勝利の花火が見られてご機嫌です。ぅまーくんも順調に復活しているようだし、一安心。
2007/02/24

私は人間リモコンなので

家族の興味のありそうな番組はとりあえず知らせてみて、「見たい」という言葉が出てきた場合にはなるべく録画するようにしています。その割には忘れる事もよくあるけど、多分本人が忘れるよりは回数が少ないし(笑)録ってほしいと頼まれた訳ではないので相手も怒れないんだと思うのよね。

ということで、下記のリストが偏っているのは決して私の趣味のせいではありません。でもってたぶん、家人のストライクゾーンより広めに書いてると思います。どこがストライクか判断が難しいのでね(笑)。

2月26日(月)午後8:00
WOWOW エリック・クラプトン&フレンズ ライブ(再)
 →予約済

3月2日(金)午後8:00
WOWOW AC/DC ライブ 1978

3月9日(金)午後8:00
WOWOW GTR ライブ 1986
  他、WOWOWでは3月の金曜午後8時は「ザ・ロック・マスター
  ズ ロック・ギタリスト列伝」と題して毎週ギタリストに焦点を当
  てて紹介するそーです。
  http://www.wowow.co.jp/music/rock/


3月16日(金)午後8:00
BShi「ディープ・パープル」ワールド・ロック・ライブ
  2006.07モントレー・ジャズ・フェスティバルにて

3月24日(土)午後11:00
BS2 黄金の洋楽ライブ スーパーショー&レッド・ツェッペリン
  1969年3月、ロンドンのライブハウスで行われた、ロック、
  ジャズ、ブルース界のスーパー・スターによるジャム・セッション。
  出演者は、クリーム解散後のE・クラプトンとJ・ブルース、
  CSN結成直前のS・スティルス、ジャズ界からはR・カーク、
  MJQ、ブルースからはバディ・ガイ、バディ・マイルスなど、
  超豪華メンバーによる60年代最高にして、最後のジャム・セッショ
  ンと言われる伝説のライブと、また同時期に活躍したレッド・ツェッ
  ペリンの映像も付け加えお届けする。

3月25日(日)午後7:30
BS2 BSまるごと大全集 伝説のロック・全米ベストヒット
  米国で最も人気あるロック専門音楽誌「ローリングストーン」が
  選定した「最も偉大な500曲」上位100曲の中から、日本人
  にも馴染みのある約50曲を、ライブ映像で紹介する。臨場感
  溢れるライブ映像の数々は、アーティストの生の息吹が直接伝わっ
  てくるため、ロックの名曲を洋楽ファンがたっぷりと堪能できる
  内容である。また、「ローリングストーン」誌の編集部など、
  アメリカの音楽関係者のインタビューを織り込み、多角的に展開する。

3月29日(木)午後8:00
BShi ハイビジョン特集 ギター大百科 ~これぞギター A to Z~
  本場アメリカのギター工場やめったに見ることのできない国内のギター
  製作の現場を訪ね、また国内外のスーパーギタリストの演奏やインタ
  ビュー、ギターコレクターの美しいギターの紹介、身近な楽器に潜む
  いがいな歴史やエピソードなど、その魅力を探っていく。

3月30日(金)午後8:00
BShi「布袋寅泰 SUPER SOUL SESSIONS スーパーライブ」
  →これはパパ太郎さんとはまちゅ。向け。
  やっぱりNHKで中継ありましたねー。Charとブライアン・セッツァー
  とのライブ映像です。ハイビジョンでってのがミソだけど。
2007/02/24

オープン戦開幕

始まりました、オープン戦。
西武戦、ESPNで途中から見ました。オープン戦は結果を求める試合じゃないとわかってはいても、チャンスに連打してサヨナラ勝ちというのは嬉しいものです。今年初の雄叫びを上げてしまいましたわ。

王監督がベンチにいらっしゃる姿というのも、とても嬉しかった。その隣りに秋山総合コーチの姿というのも、とても新鮮。しかし、キャンプの2週目に収録されたインタビュー映像を見ると、一時期よりお元気とはいえ、疲れたお顔の王さんが映っていて、正直言ってもう少し休息なさった方がと強く思うのですが。

それにしても若手ばかりの起用で、ライオンズの選手の方が顔も名前もわかるってのは自分でもどうかと。確かにライオンズの方が1軍定着した選手を使っているんだけど、そうでなくとも私はホークス選手の背番号が覚えられないので。いずれにしても選手名鑑が手放せない試合でした。

さて、我が家では去年の半ばくらいから「どうせF1見ないし」と721/739は解約しちゃっていたのですが、「やっぱり野球(ヤクルト主催試合)は見たいよね」と再契約することにしました。F1も、見ます(笑)。
2007/02/23

明日からオープン戦

もう明日からはオープン戦が開幕なんですねー。キャンプインからはあっという間。そして、ここから秋までのシーズンもあっという間。今年もたっぷり野球を楽しませていただきます!

そういえば先日ときのんでご一緒した雀坊堂のカメラ友人さんには「(2人の出会いのきっかけは)野球じゃないんですか?!」と驚かれてしまったのでした。2人揃ってマイナーチーム好きだからそうに違いないと思われたそうで(笑)。いえ、私は結婚するまでは「ナイター中継見るなんて時間の無駄」だと思っていましたから。(ホークスは東京ではマイナーだったのね)

blogネタも野球ネタが多いのですが、自分の中では野球はまだハマっている訳ではないと思っています。私の「ハマり」のボーダーラインは「雑誌」だと思っているから。「週ベ(週刊ベースボール)」とか「月ホ(月刊ホークス)」の購読はしていないので、野球は「まだセーフ」なわけ。

ある時期のF1も、今のバレエも、雑誌は欠かさず買っています(ました)。バレエの雑誌「ダンスマガジン」の定期購読を申し込んだ時に「ああ、しばらくバレエから抜け出られないな」と覚悟を決めて、それからは開き直って見る公演数なども増えていきましたし。

でも考えたら、専門誌を買わずともある程度の情報が入ってくるプロ野球の世界って、やっぱり長年娯楽の王道だっただけあると思いますよね。キャンプインとなれば、どのテレビ局もキャンプ地に取材陣を飛ばしてくれるし。

とはいえ・・・実は「月ホ」購読は今まで3回くらい申し込みを考えたことがあるのでした(笑)。ジョーがまだホークスにいたら、きっと購読していたでしょうね。
2007/02/22

レント

その後熱が出てきてしまい、ぼーっとしてます。寝たり起きたり。

レント デラックス・コレクターズ・エディション
「RENT/レント」が届いたので鑑賞中。大ヒットミュージカルとして、タイトルとジョナサン・ラーソンのドラマティックな最期の話だけは知っていたけど、ミュージカルは最近までほとんど興味がなかったので(今も映画で見るくらいだけど)ストーリーなどは知りませんでした。

わーお、これはミュージカルの「ラ・ボエーム」だったんだね。ボヘミアンたちの物語。ミミというそのまんまな女の子も、クリスマスだというのに家賃を払うお金もないクリエイティブを目指す男の子も、まんま。もちろん「ラ・ボエーム」は下敷なんだけど、舞台が現代のNYイーストヴィレッジで様々なマイノリティが描かれている分だけ、リアルに感じる。もちろん私はNYイーストヴィレッジに暮らしている訳ではないが(笑)、150年以上前のカルチェラタンの悲恋物語よりは、10数年前のNYの方が物語の中に身を投じるのが容易い。例えそれがやるせない世界だとしても。曲調は確かに少し古くさいのかもしれないが、私の世代にはとてもしっくり来るんじゃないだろうか。(プッチーニのオペラも、よいんだけどねー)

出だしから掴まれました。韻踏みまくりの歌詞にもびっくり。一番好きなナンバーは「Today 4 You」かな。それにしても曲調の豊かなことよ。
2007/02/20

本日の野球ネタ

あれれ、結局風邪が戻ってきちゃいました。ぐす。

雀坊堂が恒例の「プロ野球カラー名鑑2007」を買って来てくれました。これ、我が家では最高のネタ本(笑)。パラパラと見ただけで色々発見がありました。

ホークスファンの癖にその行き先を知らなかった選手たちの行き先も少し判って安心したり唖然としたり。吉田修司がオリックスに決まっていたとは知らなんだ・・・おかもっちゃんは米球界入り挑戦中、芝草は台湾リーグ、宮地おやじは北信越リーグ・富山サンダーバーズのプレーイング・コーチ。みんな、それぞれがんばって欲しいです。ロッテ入りした定岡ジュニアも応援します。

ところで、この北信越リーグ。石川、富山、信濃、新潟の4チームがあるのですが、けっこうホークスゆかりの方のお名前を見かけます。

信濃グランセローズ
 監督:木田勇(日本ハム→横浜大洋→中日)
 コーチ:勝呂壽統(巨人→オリックス→大阪近鉄〈コーチ〉福岡ダイエー)
    :島田直也(日本ハム→横浜大洋→ヤクルト→近鉄)

石川ミリオンスターズ
 監督:金森栄治(西武→阪神→ヤクルト〈コーチ〉ヤクルト→西武→阪神→ソフトバンク)
 コーチ:長冨浩志(広島→日本ハム→福岡ダイエー〈コーチ〉福岡ダイエー)
    :中居殉也(福岡ダイエー〈コーチ〉福岡ダイエー)

富山サンダーバーズ
 監督:鈴木康友(巨人→西武→中日→西武〈コーチ〉西武→巨人→オリックス)
 コーチ:横田久則(西武→千葉ロッテ→阪神→台湾・兄弟〈コーチ〉台湾・兄弟)
     宮地克彦(西武→福岡ダイエー※富山ではプレイイングコーチ)

新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ
 監督:後藤孝志(巨人〈コーチ〉ニューヨークヤンキース・1Aタンバヤンキース)
 コーチ:本間忠(ヤクルト)
     根鈴雄次(モントリオール・エクスポズ・3Aオタワリンクス※新潟ではプレイイングコーチ)

石川はオールホークスラインなので当然気になる訳ですが、新潟以外には誰かしらホークス出身の方がいらっしゃるので、この北信越リーグも少し気にかけていようと思った次第。

こうして目線の先が広がっていくのですなぁ。F1から各種カテゴリーのレースへと目線が広がっていく感じに似てる?
2007/02/19

調子はあってないようなもの

私も昨日は風邪で外出直前まで寝ていたのですが、わいわいと飲んでいるうちに吹き飛んでしまいました。のどはまだちょっと腫れてますが、あとは大丈夫。アルコール消毒が効いたのかしらね(笑)。

二日酔いは大丈夫でしたが、例によって記憶がところどころ飛んでます。「クシャミ」事件って何だっけ?(笑)。しかし、それだけ酔ってもちゃんとレンズ外して寝た自分に感心しました。

おやびんがお元気だったのが、本当に本当に嬉しかったし、安心しました。他のみなさんたちと旧交を温められたのも良かったです。幹事してくれた雀坊堂に感謝。


さ、今日は早寝しよ(笑)。


あ、そうだ。
スパム防止のため、コメント入力の際にセキュリティコードを入れてもらうように仕様変更しました。
2007/02/17

未亡人の一年

「未亡人の一年」読了。早く読みたいのに読み切ってしまうのが惜しくて、すぐまた最初から読み直したいのに、読後の余韻を楽しみたいから読み出せなくて、という葛藤を味わいながらのこの2日間。明日くらいから、もう1度読みます(笑)。

最後に素晴らしい一文が待っているのですが、その少し前に引用されたイェーツの「彼、天津衣を求める(Aedh Wishes For The Clothes Of Heaven)」の繊細さに涙が出ました。原文を読むと、その翻訳のナイーブさも胸を打ちます(訳:鈴木弘氏)。「Dream」を「夢衣」と訳せるセンスが羨ましい、とも思いました。
http://www.online-literature.com/yeats/936/

未亡人の一年〈上〉 未亡人の一年〈下〉
2007/02/16

ジョー キャンプイン

やっぱり野球の話題はテレ東が一番です。ジョーのキャンプもホークスもベイもちゃんと出てきました。

ジョー曰く「去年とは注目度が全く違う、報道陣の数とかね、、、ここ、ちゃんと使ってね」って。

ホントですよ。ホークス情報はオフィシャルが充実しているからいいとして、ジョーの話題はメディア頼みなのですから。


先日買ったジョン・アーヴィングの「未亡人の一年」に没頭してます。映画になった「ドア・イン・ザ・フロア」は小説の前半どころか1/3くらいのほんの導入部分だったのね。