2006/06/28

久しぶりに野球の話。

前回に続き、2試合連続2本HR!のジョー。日本にいた頃より軽々とスタンドに運んでいるように見えるのは気のせいでしょうか。いやー、かっこいいわ♪

ホークスも3連勝で、とうとう1位ライオンズとゲーム差がなくなりました。これからロッテ戦、西武戦と直接対決が続き、オールスター前の正念場、ですわね。その後の楽天も交流戦後半からぐんと調子をあげているので侮れません。がんばらないとね。
2006/06/24

メディアケース狂詩曲は続く

今日は初台でバレエ。
帰りに新宿のヨドバシでDVDメディアケースを物色してきました。前の日記に書いたように、不織布のケースに入れたものを引き出しなどに入れるという前提で見たところ、いくつかのメーカーから発売されているものの中では、サンワサプライのこれ↓が、私には一番使いやすい気がする。今使ってるDVDファイルもサンワサプライ製なので、挿入口の形が一緒の方が使いやすいんじゃないかしら。

SANWA SUPPLY FCD-FN50BK CD・DVD用不織布ケース(ブラック)

ヨドバシでは120枚入りが580円、300枚入りが1,560円でした。楽天市場にはヨドバシ店頭売りに太刀打ちできるお店はありませんでしたが、300枚入りはamazonが(その中では)一番安く、現在の価格は1,370円でした。・・・決まりか?

それと、それらを収納するケースとして無印良品で「PPストッカー」も見てきました。もちろんサンワサプライからも専用ケースが出ているのですが、どうも好きじゃない。Mujiはお安いし(笑)、無類のMuji好きだからねぇ。サイズはよい感じでした。少し大きめだけれど、Indexをつけるから、コレくらいでいいかな、と。

しかし買ったら買ったで、移行作業は大騒ぎになりそうだ・・・
2006/06/22

本日の映画2

オペラハット」「或る夜の出来事」「ブリガドーン」の3本。

「ブリガドーン」は主な舞台がスコットランドだったり設定のちょっとしたことなどが、バレエ「ラ・シルフィード」を思わせた。婚約者のいる男といるはずのない存在としてのヒロインの恋、とかね。スコットランドの民族衣装を着て踊るジーン・ケリーがジェイムスみたいだった。

もしかして、「ラ・シルフィード」を参考にしたのかしらと検索したけど、それらしい記述は見つからず。でも、どうやらマシュー・ボーンは、去年日本に持って来た「ハイランド・フリング(愛と幻想のシルフィード)」に、この「ブリガドーン」の曲を一部使ったらしい。さすが映画好きのボーンらしい選曲、と納得しました。

「オペラハット」「或る夜の出来事」は古典中の古典のラブストーリー。「すごくいいから!」と勧められて見たのだけど、ゲイリー・クーパーとクラーク・ゲイブルがそれぞれ主演しているという時点で掴みはOK(笑)。

「オペラ・ハット」では、考え事をする時にチューバを吹く主人公が、法廷で他の人たちの癖をつぎつぎと指摘していくところが最高。それに、自分の想いを記した詩をジーン・アーサー演じるヒロインに手渡した後、街中の障害物にぶつかりながら走りさっていくとこも、かわいかったー。

「或る夜の出来事」は、その後の恋愛映画に大きな影響を与えたということで、他の映画で見たようなエピソードがたっぷり。「見たことある」で飽きることはなく、オリジナルが持つロマンティックさを堪能してしまいました。ジェリコの壁がラッパの音と共に崩れたラストシーンにブラボー♪
2006/06/21

本日の映画

「カラミティ・ジェーン」、「いつも上天気」、「百万長者と結婚する方法」の3つをまとめ見。

「カラミティ・ジェーン」のドリス・デイはかわいかったけど、作品の根底にある価値観には違和感あり。「シークレット・ラブ」はよい曲だわー。

「いつも上天気」はシド・チャリシー目当て。でも、「掠奪された七人の花嫁」や「バンド・ワゴン」で振付を担当しているマイケル・キッドが役者として出演していたのをエンド・クレジットで知ってびっくり。音楽はかなり好き。

「百万長者と結婚する方法」はモンローのド近眼ぶりが何ともかわいかった。ローレン・バコールのファッションが好きだわー。キャラ的にもバコールの方が好みなんだけど、脚本はけっこうひどいと思う。
2006/06/19

今週の衛星映画劇場

今週のBS2は、ミュージカル映画特集です。ジーン・ケリーものが多いけどね。見たことあるのもないのも、いっぱい録画予約入れちゃいました。

6月19日(月)
後4:00~後5:30「踊る結婚式」
後7:45~後9:59「アメリカ映画音楽ベスト100 ~AFI(アメリカ映画協会)選出~」

6月20日(火)
前1:05~前2:51(19日深夜)「ザッツ・ダンシング!」
後2:30~後4:12「カラミティ・ジェーン」
後8:00~後9:43「オズの魔法使」

6月21日(水)
前0:50~前2:33(20日深夜)「いつも上天気」
後2:35~後4:12「百万長者と結婚する方法」
後8:00~後9:44「雨に唄えば 」

6月22日(木)
前0:50~前2:43(21日深夜)「バンド・ワゴン」
後2:30~後4:19「ブリガドーン」
後7:45~後10:00「ビクター/ビクトリア 」

6月23日(金)
前0:50~前2:25(22日深夜)「リトルショップ・オブ・ホラーズ」
後2:30~後4:26「魅惑の巴里」

6月24日(土)
後9:00~後11:26「ドリトル先生 不思議な旅」
2006/06/18

デニやんの気合いはどこへいってしまったのか

父の日でしたね。義父からはお蕎麦のお礼の電話がありました。うちの方は、(だ)が例年通り仏花を買って来てくれました。ありがとう。再来週は七回忌法要です。早いねー。

プロ野球交流戦もとうとう終わってしまいました。今日のホークス投手陣は三振ショーが見事でした。今日のまーくんはいいまーくんだったわね。

久しぶりにデニー友利のピッチングを見たんですが、なんか「抜け」ちゃった気がする。横浜時代の、あの「余計な気合いがはいりまくり」な投球が好きだったのに、それが抜けてしまって。いや、それはドラゴンズ的にはよいことなんだろうけど、なんだかとても残念。でもでも、後ろ姿は相変わらずプロポーションがよくてかっこいい、とほれぼれ。立ち姿がニュートラルだし脚が長いよね。私が見た限りのプロ野球の投手では、一番好きな後ろ姿だわ。欲を言えば、あと少しだけお尻に存在感があっても可(笑)。

・・・以下、延々とプロ野球選手のプロポーションについて書き連ねたのですが、自分の熱弁ぶりに呆れてしまいヤメにしました(^^;)
2006/06/17

DVDメディア保存再考

DVDメディアの保存について、また悩んでいる私。

背表紙付で整理・管理に最適なCD・DVDを収納できるファイルケース。CDファイル(ブラック) 49698...
現在は、主にこの120枚入りファイルを使っていて、バレエ4冊、映画2冊が手元に。それ以外のジャンルは他のメーカーのファイル2冊に入れています。最初のころはどのディスクが何冊目にあるかは頭の中にあったけど、さすがにこの頃はさっぱり把握できず、目当てのものを探すのがとても面倒。

それもこれも、細かいジャンル分けをせずに次々とファイルに入れるだけなのが原因なので、EXCELでINDEXをつくろうと入力作業を始めたものの・・・これも追いつきません(^^;)

どうにかしなくちゃといろいろ考えてみたんだけど、例えばこういうのはどうだろうか。
【全国送料300円】サンワサプライ CD・DVD用不織布ケース(ブラック) FCD-FN120BK
ディスクを↑こういうバラの不織布ケースに入れて、それを↓引き出しケースにいれるの。そうすれば、少なくともジャンル別にまとめるのは簡単だよねぇ。
CD・DVD収納シートが20枚セットになったお得なケース。CD-ROMケース 4969887340851

ただ、ケース自体はMujiのポリプロピレンケースの方が(安いし自由度が高いので)いいかな?と思ったり。

とにかく売り場チェック!ということで近所のLA○Xに出かけていったのだけどさー、全然ないのよメディアケース。Fax付き電話も買い替え予定だったので下見したかったのに、それもなかったよ~。がつかり。次回は売り場面積の広い量販店で再チャレンジだわ。
2006/06/15

「フレンチ・カンカン」

フレンチ・カンカン

BSで映画「フレンチ・カンカン」。楽し~い映画でした。ジャン・ギャバンが渋くて素敵。クライマックスのカンカンの場面を舞台裏の椅子に座って、音だけで成功を楽しむ姿がよかった。主役の女の子も心底楽しそうにカンカンを踊るのがよいね。そして、エディット・ピアフの歌声まで堪能できて、いい映画でした。
2006/06/14

おぼえがき

岩城宏之さんの追悼番組(NHK)


○岩城宏之さんをしのんで クラシック・ロイヤルシート
BS2 6月17日(土)前2:53~3:53
第1291回 N響定期演奏会
「交響曲・第6番・ロ短調・作品74・“悲愴”」チャイコフスキー作曲
(管弦楽)NHK交響楽団(指揮)岩城宏之
~東京・サントリーホールで録画~(1996年4月17日)
【追悼インタビュー】池辺晋一郎

○世界・わが心の旅「コーカサス 青春のシンフォニー」
(1999年8月14日に放送したもの)
BS2 6月25日(日)後3:45~4:30

○指揮者 岩城宏之さんをしのんで
生涯指揮者 岩城宏之~ベートーヴェンとともにゆかん
総合 6月18日(日)後11:00~翌0:15
2005年大晦日にベト全を指揮した際のドキュメント
2006/06/13

露天風呂

旅行の翌日は洗濯機フル稼働。遊んだ分働け、って感じですね(笑)。

露天2

今日の写真は、貸し切り露天風呂。貸し切り風呂は2つとも予約の必要がなく、入り口のドアが開いていたら入っていいの。ただし夜12時から朝5時までは入れないんだけど(大浴場の露天風呂もその時間は入れない。たぶん、外のライトアップが12時までだからかな?)。

お宿の部屋数は全部で12。私たちが泊まった日曜日は空き部屋は1つだけだったので、貸し切り露天も使われている割合がとても高かったようです。貸し切り内湯の方は宿泊翌日の朝食までに3回も入れたのに、貸し切り露天はいつも使用中。

朝食を食べてからお風呂の様子をみたらやっと貸し切り露天が空いていたので、そのまま入ってしまいました(笑)。タオルも備品も全部お風呂に常備されているので、何も持たずに入れちゃうの。さすがに雀坊堂は「やめとく」とのことで、写真だけ撮って先に部屋に戻りました。前日はずーっと雨だったのに、この日は日差しが差して来たので、お風呂も更に気持ちよかったよー。雨を見ながらのお風呂もよかったけどね。

チェックアウトが11時なので、朝食後に風呂入っても余裕。でも、他のお客さんは結局朝食後はお風呂には入らなかったみたいで、私がちんたら支度している間に続々と出発していきましたわ。