FC2ブログ
2006/06/12

ただいま~

「雨さえ降らなければ」なんて暢気なことを言ってたら、昨日はけっこうな雨に降られてしまいました。そのため、朝摘みとうもろこしを買った時と美味しいうなぎやさんでお昼を食べた以外は、ほとんど寄り道もせずに宿へまっしぐら。でも、それが大正解♪

露天1

宿には大浴場2つ(露天つき)と貸し切り風呂2つ(内湯/露天)の4つのお風呂がありました。この写真はは貸し切りの内湯ですが、大きな窓を開け放てばほぼ露天。もう1つの露天風呂よりお風呂も広いので、すっかり気に入って3回も入っちゃいました。他に大浴場1回、貸し切り露天1回、の合計5回。大浴場も私が入った時は他に誰もいなくて貸し切り状態。とても恵まれた状況で大満足。

清潔でよく工夫された、よいお宿でした。価格を考えるととても満足。気軽に行ける距離なので、また行けるといいな。
2006/06/10

サンダーバードのヒナ

サンダーバード

雀坊堂が借りて来た「サンダーバード」を見ました。私はオリジナルはほとんど見たことがないので、思い入れなし。そういう状況ならば、「ホームアローン」のサンダーバード版?と思ったりもできたけど、(だ)は許せないようでした(笑)。設定もどうかと思うし・・・。CGのチャチさと、ちんたらしたオープニングもねぇ?

個人的なツボはペネロープのピンクのワードローブとパーカーのピンクのほっぺ。国際救助隊は・・・もっとお仕事してください(笑)

さ、明日の夜は山梨の某温泉で、温泉三昧です。お天気が少し心配ですが、雨さえ振らなければ夜は蛍が堪能できるそうなので、とても楽しみ。
2006/06/09

DTM Rd3.オッシャースレーベン 覚え書き

JSports ESPNのDTMドイツツーリングカー選手権 2006 第3戦 オッシャースレーベン放映は以下の通り。

06月11日 (日) 22:00 - 23:00
06月14日 (水) 17:30 - 18:30
06月16日 (金) 23:00 - 24:00
06月22日 (木) 23:00 - 24:00
06月25日 (日) 22:00 - 23:00
06月27日 (火) 23:00 - 24:00

今回は忘れないように予約入れました(笑)
2006/06/08

ようやく上向き?

昨日は今季初の「3点差を逆転」、今日は和己の27人斬り。ようやくここへ来て、少し形が見えて来た感じのホークス。大村、川崎、松中、ズレータの調子が上向いてきたのが大きい。しかし下位打線はさっぱりだねー。ここがかみ合うようになると、去年みたいな試合が出来るのになぁ。

それにしても、昨日のお立ち台でズレータが泣かせてくれました。「イマ、チョウシ、ヨクナイ。」と話し始めた時はどーしようかと思ったけど、いつの間にかあんなに日本語長く話せるようになったんだねー。昨日はレディースデーだったので「ジョセイのミナサン、ショウリにカンパイ!」なんて言っちゃってさ。これだから、あれだけ乱闘されても嫌いになれないのだよ。
2006/06/06

アテネ野球の実況も担当してた刈屋さん

ほぼ日で、NHKのスポーツアナ、刈屋富士雄さんのインタビュー連載が始まりました(昨日から)。そう、あの名台詞「伸身の新月面の描く放物線は、栄光への架け橋だ」「オリンピックの女神は、荒川静香にキスをしました」の、あのアナウンサー。

まだ2回目ですが、きっと絶対面白いお話が読めると思います。ぜひ。
http://www.1101.com/kariya/index.html

#最新の記事がトップページにあって、そのページの一番下に過去記事へのリンクがあります。
2006/06/05

映画「ダンシング・レディ」

シアター・テレビで今月放映中の映画「ダンシング・レディ」。この枠は「アステアとガーランドの出演作をシリーズでお届け!」で、今回はアステア出演作。でも「主演作」ではなかったのねー(笑)。主演はクラーク・ゲイブルとジョーン・クロフォード。ゲイブルは「風と共に去りぬ」より6年も前だからホントに若い。でもって、やっぱかっこいい(笑)。ジョーン・クロフォードは見たことあるなーと思ったら「グランド・ホテル」に出ていたのね。

アステアはこれが映画初出演だそーですが、本人役で踊っておりました。アステア映画だと思っていると、ちょっと物足りない。ストーリーはバックステージもので、これも筋としては工夫がなくてありきたり。踊りも中途半端だし、うーむ、さほど楽しめなかった。DVD化されないのも無理はないかしら。
2006/06/04

DTM2006 ユーロスピードウェイ

あまり大きな声では言えませんが、私、今年のDTM放映スケジュールのチェックをすっかり忘れていました。毎月月初または月末にバレエ/野球/映画など一通りの放映スケジュールはチェックしているのですが、4月末に限ってESPNだけ調べなかったんです。

結果、DTM第1戦を思いっきり見逃しました(^^;) まぁどうせシーズンオフにまとめて放映してくれるから録画はその時でいいのですが、こんな状態でミカファンを名乗っていいかどうか自信がなくなってきました(汗)。

で、録画した第2戦ユーロスピードウェイを見ています。 久しぶりにミカのおしゃべりを見て、私の細胞がプチプチ言って喜んでましたよ(笑)。しみじみ好きなのねー。このプチプチ感があるうちはファンの末席に置いていただいてもいいかしら。

第1戦は4位だったそーで、今回は最後の最後に表彰台ゲット。ゴールラインでミカがすーっと前に出てきた時はしびれました。あのピットストップさえ上手くいってたらねぇ・・・非常に残念。2年目でコースにも慣れたことだし、更なる活躍を期待したいところ。今回みたいに常に上位でバトルしてくれていると、見ているこちらも熱くなってよい感じ。ついF1より真面目に見ちゃいました。

表彰台で、ひたすらハウグに向ってシャンパンを欠け続けていたのがミカだよね(笑)。レース後のインタビューでも笑顔が少し見られたりして、レースを楽しんでいるのがよい感じ。あまりシリアスになりすぎず、でも勝利を目指していい感じでやってほしいものです。

ESPNの実況陣はミカやフレンツェン、アレジ、シュナイダー、トムクリ辺りをひっくるめて「オヤジパワー」とか「中年の星」とか言ってくれちゃうんですが、確かにエクストロームなんて78年生まれでミカより10歳も下なんだよねぇ。それどころか80年代生まれもゾロゾロ。ニキ・ラウダの息子が今年から参戦してるのは知りませんでした。うーん、確かにこの若者たちの前では、オヤジパワーと言われても致し方ないか(^^;)
2006/06/03

マダムだもの

結局昨夜は3時過ぎでした。「わたしのマトカ」後半は、けっこう泣けました。淡々と素朴なフィンランド人との交流を書いているだけなのに、私の涙腺は一体何に反応したんだ?

今朝(昼)、(だ)に「もう読んじゃった。泣けた」と一言述べたら、「ええ?」と驚かれた(^^;) そして「これも読む?」と小林聡美の「マダムだもの」を手渡された。たぶん次は「かもめ食堂」原作本を手渡されると思うのだが、原作は映画見た後がいいなー(笑)

小林聡美のエッセイは「ラ ヴィ ド トランタン」に連載されていたものだと思うが、そうだなー、多分こういう分厚くて重くて紙の質もよさげなファッション誌の一角にあるのにちょうどいい文面。ゴージャスな懐石料理の最後に、真っ白いご飯とお味噌汁と一緒に差し出されたお漬け物みたいな位置づけとしてのエッセイ、という気がする。

でも、私としては、ちょっと共感を持ってしまったのでした。へへ。
2006/06/03

フィンランドではマッシュポテトが付け合わせ

わたしのマトカ

雀坊堂が貸してくれた「わたしのマトカ」、おもしろいです。私は「かもめ食堂」は見てませんが(きっとDVDで見ると思うけど)、ヘルシンキの街とかの地の文化には並々ならぬ愛着と憧れがあります。この本の前にも1冊(だ)に借りたまま読めてない本があるのに、手にとってページを開いたら、グイグイくすくす、あっという間。

ということで深夜の日記。まだ半分、もう半分。たぶん最後のページにたどり着くまでは眠れないでしょう。ホークス=阪神戦も、何だか遠い過去のようです(笑)。
2006/06/01

ホークスは悪くないけど

今年の交流戦、横浜との最終戦です。6月に入り、よーやく!!牛島監督が動きましたよ。村田が4番、多村5番、佐伯6番、という打順。5月までは我慢、って思っていたのかしらねぇ?牛島さんたら。

それにしても後味の悪い幕切れでした。あれは3塁塁審が悪いよ。その後の説明も足りないし、選手とファンが怒るのも当たり前。横浜ファンはお気の毒でした。自分がその立場だったら私も激怒するね。横浜さまには明日からの日ハム戦でがんばっていただきましょう。

それにしてもまーくん、ハラハラさせすぎです。ホークス的に、あと1人、頼れる抑えが欲しいのう(あ、言っちゃった・・・)。