FC2ブログ
2012/12/30

「メトロポリタン美術館展 大地、空、海 - 4000年の美への旅」

もう1ヶ月も前の事になってしまいますが…東京都美術館で「メトロポリタン美術館展 大地、空、海 - 4000年の美への旅」を見てきました。「○○美術館展」が多かった印象のある2012年、たぶん最後に開幕した単一美術館展だったかもですね。東京都美術館はリニューアル後の初訪問でした(マウリッツハイス美術館展は神戸で見たから…)。金曜夜間開館の日の午後5時前は既に暗くて、明るいエスカレーターを降りて入口へと向かうのもワクワク。

met.jpg

構成は以下の通り。

第1章 理想化された自然
1-1: アルカディア - 古典的な風景
1-2: 擬人化された自然
第2章 自然の中の人々
2-1: 聖人、英雄、自然のなかの人々
2-2: 狩人、農民、羊飼い
第3章 動物たち
3-1: ライオン、馬、その他の動物
3-2: 鳥
第4章 草花と庭
第5章 カメラが捉えた自然
第6章 大地と空
6-1: 森へ
6-2: 岩と山
6-3: 空
第7章 水の世界
7-1: 水の生物
7-2: 海と水流


続きを読む

2012/12/28

今年見た美術展ベスト3

あら、もうすっかり年末になってしまいましたね…新しい年を迎える準備に、例年通りバタバタしております。美術展感想があと1つ、メトロポリタン美術館展が残っているのだけど、年内は無理かなー。行く気満々だった篠山紀信展に結局行けなくてがっかりしつつ。(全国巡回するみたいなので、遠征で他といい組み合わせが出来そうな場所があったら考えてみたいような…)夜になるともう起きていられなくて、夜9時とか10時に爆睡する日々です。でも今日はもうろうとしつつ、まだ起きてますけども。


でね、数えてみたら、今年は美術展(常設のみも含めると)に22回行ってました。見逃したものも多々あって、新聞やwebで見かける「今年の美術展ベスト3」みたいなのを拝見しても、見てないものばかりなんですけどね。

でも、私なりにベスト3、考えてみました。選考基準は「身もだえするほど好き」度と、「その後の影響」度、それと「目から鱗」度。

・練馬区立美術館「バルビエxラブルール」
・岐阜県美術館「象徴派展ー夢幻美の使徒たち」
・三重県立美術館「Katagami Style」
次点:三菱一号館美術館「バーン=ジョーンズ展」


「バルビエxラブルール」は、身もだえ度最強でした。それと、挿画本というコレクションのジャンル、彫り師、刷り師といった匠、版画のあれこれにも知識が増えて、その後の美術鑑賞が少し豊かになった事も大きい。

象徴派展は好みど真ん中で、こちらも身もだえ度高し。かなり幅広く様々な画家を取り上げていたので興味に広がりが出て、その後の影響という意味では一番大きかったかも。

「Katagami Style」は東京で見逃しての遠征だったけど、見逃さなくてホントによかった。型紙の影響という今までとは違った「見どころ」を提案してくれたというのも大きいし、自分の好きなものの根底にあるのも型紙?と思ったり。

次点のバーン=ジョーンズもよい展示でした。身もだえ度は負けず劣らずだったけど、上の3つのその後への影響が大きすぎたので入選ならず。

あと、マウリッツハイスやエルミタージュ、リヒテンシュタイン、メトロポリタンなどの美術館展でオールド・マスターの素晴らしさに開眼できたのは何よりでしたw 他に、デュフィ、ファンタン=ラトゥール辺りが今年新たなお気に入りに。


て、ところすかね。年内にあと1回なんとか更新したいと思っているので、年末のご挨拶はその時に。(がんばれ私)

2012/12/16

「手の痕跡展」

国立西洋美術館「手の痕跡展」を見てきました。こちらは国立西洋美術館所蔵品からロダンとブールデルの彫刻、版画、素描を展示したもので、所蔵品だからということでほとんどのものは写真撮影可(撮らなかったけど)。

実はこちらより常設特集展示のマックス・クリンガーが目当てだったのですが、彫刻も予想以上に楽しめました。面白かったです。普段は収蔵庫に保管されているような作品も多く出ていたそうで、よい機会をいただいたと思います。

tnk.jpg

構成は以下の通り。

第1章 古代やルネサンス彫刻の探求と成果
第2章 肖像・頭部彫刻
第3章 人体の動勢表現
第4章 記念碑制作
第5章 版画・素描


続きを読む

2012/12/15

「マンチェスター大学ウィットワース美術館所蔵 巨匠たちの英国水彩画展」

これも先月の事ですが、Bunkamura ザ・ミュージアムで「マンチェスター大学ウィットワース美術館所蔵 巨匠たちの英国水彩画展」を観ました。既に終了してしまっておりますが…(この後、新潟県立万代島美術館に巡回)。東京に来る前に 岡崎→島根と開催されて、待ちきれなくて岡崎まで行こうと真剣にスケジュール立てる位(結局行けなかった訳ですが〜)に楽しみにしていた美術展でした。

会期終了まで2週間を切っていたからか、なかなかの混雑(ザ・ミュージアムは比較的いつ行っても大抵混んでいますが…)。

ssi.jpg

さて、構成は以下の通り。

第1章 ピクチャレスクな英国
第2章 旅行: イタリアへのグランド・ツアー
第3章 旅行: グランド・ツアーを越えて、そして東方へ
第4章 ターナー
第5章 幻想
第6章 ラファエル前派の画家とラファエル前派主義
第7章 ヴィクトリア朝時代の水彩画
第8章 自然


続きを読む

2012/12/14

「20世紀フランス美術の栄光展−鎌倉大谷記念美術館所蔵 ヴラマンク、デュフィを中心に−」

フレッシュひたち号に乗って、笠間日動美術館「20世紀フランス美術の栄光展−鎌倉大谷記念美術館所蔵 ヴラマンク、デュフィを中心に−」を観てきました(先月の事ですが…)。

鎌倉大谷記念美術館は、ホテルニューオータニ創業者の大谷米太郎氏と前会長の大谷米一氏の美術コレクションを、米一氏の鎌倉別宅を美術館として展示していたそうなのですが、残念ながら2009年12月より休館中。エコール・ド・パリ、特にデュフィのいいものをお持ちだとかで、この機会を逃す手はないなーと出かけてきた次第です。

121117.jpg


ここもある意味観光地美術館という位置づけになるのかもですが、客層はともかく展示品は充実していて見応えありました。流石に画廊系列だけの事はありますね。楽しかったです。


続きを読む

2012/12/13

「藤田嗣治と愛書都市パリ−花ひらく挿絵本の世紀−」

1ヶ月前の話になりますが、旅行の際に札幌の北海道立近代美術館で「藤田嗣治と愛書都市パリ−花ひらく挿絵本の世紀−」展を見てきました。本展は札幌の前に07/31-09/09まで渋谷区立松濤美術館で開催されていたもの。松濤なら300円で見られたものを、わざわざ札幌で1,000円で見る私、と。これが目的の旅行ではありませんが、見逃さずに済んでよかったと心から思える美術展でした。

121111_03.jpg


構成は以下の通り。

1.「藤田嗣治の挿絵本」
 1-1.愛書都市パリ
 1-2.記憶の中の日本
 1-3.フランス文化との対話
2.「エコール・ド・パリの挿絵本とその時代」
 2-1.花開く挿絵本の時代
 2-2.秩序への呼びかけ

続きを読む

2012/10/25

「アントワープ王立美術館所蔵 ジェームス・アンソール - 写実と幻想の系譜 -」

デルヴォー展に続いて、損保ジャパン東郷青児美術館「アントワープ王立美術館所蔵 ジェームス・アンソール - 写実と幻想の系譜 -」を見てきました。

近日中に行くつもりでサイトを見たら、「※展示替の為、10/23〜「ワーテルローの胸甲騎兵」は展示されません。何卒、ご了承ください。」って書いてあったので、慌てて週末の予定に追加。

新宿で買い物して荷物が増える予定だったので先に府中に行ったのですが、同じベルギーの画家で交流もあった2人、年代順にアンソール→デルヴォーでもよかったかな、と後で少し思ったり。

121020_2.jpg

構成は以下の通り。

第1章 写実とアカデミズム
 1.アンソールの美術アカデミーにおける古典的描写方法の習得
 2.外光主義(プレネリスム)
 3.アンソールとブリュッセルの仲間たちによる写実的な静物画と肖像画
 4.画家は近代の真の英雄である
 5.近代生活のイメージ
 6.貧しき人々の尊厳
第2章 グロテスク絵画に向けて
 1.光の感受性
 2.線の感受性
 3.ジャポニズム
 4.創造手段としてのあやかし
 5.アンソール芸術における“死の舞踏”とその他の骸骨
 6.仮装
 7.カリカチュア、悪魔、仮面
 8.プリミティヴィスム:いわゆる15世紀初期フランドル美術の再発見
 9.風刺


続きを読む

2012/10/24

「ルネサンスから印象派まで」

ふと思い立って、雀さんと東京富士美術館に行ってきました。ずいぶん前に1度行ったきりだったのですが、最近見かけたココの「ルネサンスから印象派まで」のポスターに興味をひかれて。

121013.jpg


ヴァン・ダイクによる女性の肖像画がここにも1枚。「ベッドフォード伯爵夫人 アン・カーの肖像」はほぼ正面を向いたポーズ。なだらかな肩のラインと巻き毛から見え隠れする真珠、洋服の質感が印象的。

オランダの風景画やフランス・ハルスの人物画など、マウリッツハイスを思い出させるものも何点か。カナレットが3枚飾られていて、前に見た時に気に入った「ヴェネツィア、サンマルコ広場」との再会は嬉しかった。

ブーシェ「ヴィーナスの勝利」には、エルミタージュ展の寓意画にいたクピドと同じコかしら?というクピドたちもいて。ヴィジェ=ルブラン「ユスーポフ侯爵夫人」は名画といってよいのでは。最近あちこちで見たヴィジェ=ルブランの中では一番好きかも。

風景画の人という印象があったコローの「ユディット」は1人うつむいて佇んでいる様が、他の画家が描くユディットとは一線を画していました。自分がホロフェルネスを討つのだ、という決意をした時なのでしょうか。それともホロフェルネスの首は見えないけれど、彼女の右手と着衣は既に血で汚れている?

一つ気になったのは、素人目にはあまりコンディションのよくないものが目に付いたような気がしたこと。ガラスの反射でそう見えたのかなぁ。


特集展示は「ナポレオンの美術」。ううむ、こんなにたくさん(まだまだごく一部らしいですが)ナポレオン関連をお持ちだとは。でも、私にとってナポレオンといって真っ先に浮かぶのは、アシュトン振付「シンデレラ」に登場するナポレオン。(このバレエを見た事ないと判らないですよね、すみません・笑)。ちょっと滑稽なそのナポレオンを思い出して、ニヤニヤしながら見てしまったのでした。申し訳ない。


いくつか見たいと思っていた絵が見られなかったのですが、どうやら現在福島で「愛、命、絆… 洋画の巨匠たち 〜東京富士美術館名作100選〜」という美術展が開催されているようで。そちらにフジタやヴィジェ=ルブランのマリー・アントワネットの肖像、この美術館の顔であるジュール・ジェーム・ルージュロン「鏡の前の装い」やルノワール「赤い服の女」などはお出掛けしているのですね。

ではまたいずれ、それらの絵に会いに来る事にしましょう。ここのクリムトもまだ見たことがないし。

帰りに八王子の道の駅でたんまり野菜を買ってご満悦で帰宅しましたです。今度はムラウチのバルビゾン派も拝みにいかないと。


2012/10/23

「ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅」

先々週に見た美術展の感想を出す前に、先にこちらを出してしまいます。


週末、府中市美術館「ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅」展に家人と行ってきました。興味はあるけど行こうかどうしようか…と思いながら別の美術展でもらった本展のチラシを夫に見せたんですよね。そしたら、「お、ポール・デルヴォー!」と予想外の食いつき(笑)。全く何でもよく知っている人なんでございますよ。かないませんな。

夫曰く、デルヴォーはある年齢以上の鉄道模型好きには有名なのだとか。自分の絵に鉄道モチーフを入れる事が多く、そういった絵のいくつかが(夫が昔買っていた)鉄道模型雑誌に紹介されていたのだそうです。へー、そうなんだ!と手元の美術展チラシを見てみましたら、確かに電車が描き込まれた絵が何枚も。それなら是非一緒に行こうじゃないか、ということで本日の来訪となりました。

121020_1.jpg
「夢に、デルヴォー。」…確信犯ではあるのでしょうけど(笑)。


構成は以下の通り。

第1章 写実主義と印象主義の影響
第2章 表現主義の影響
第3章 シュルレアリスムの影響
第4章 ポール・デルヴォーの世界
- 欲望の象徴としての女性、男性の居場所
- 生命の象徴としての骸骨
- 汽車、トラム、駅
- 建築的要素
- ルーツとしての過去のオブジェ
- フレスコ壁画
第5章 旅の終わり


続きを読む

2012/10/22

「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」

神戸に移動して、神戸市立博物館「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」。言うまでもなく、東京でも大ヒットを記録した美術展です。東京で見られず、神戸の方が少しは人が少ないかも、と淡い期待を抱いて訪問。

121011_2.jpg

東京では昼間は平日でも入場待ちになるケースが多かったと思いますが、神戸ではまだ閉幕まで時間があるせいか、平日昼過ぎの入場待ちはありませんでした。あらかじめ入場券を買ってあったので、チケット購入待ちについては不明。ただ、会場内の人は最近見た展覧会の中では一番多かったですね。やっぱりメガヒット美術展だけのことはありました。たぶん朝イチや夕方ならもう少し快適に見られたでしょうけど。

構成は以下の通り。

1. 美術館の歴史
2. 風景画
3. 歴史画(物語画)
4. 肖像画と「トローニー」
5. 静物画
6. 風俗画


続きを読む