FC2ブログ
2018/11/28

「フェルメール展」上野の森美術館

上野の森美術館で「フェルメール展」を見てきました。10月末の平日11:00-12:30枠と、11月半ばの土曜日17:00-18:30の枠、2度。最初は一人で、2度目は雀さんと。「取り持ち女」が来たらもう一度見たいと思っているのだけど、東京ではなく大阪で見てもいいかなーとぼんやり思ったり(大阪にしかこない作品もありますしね…)。さてどうなりますか。

今の所、平日でも休日でも時間枠の後半に入場すれば入場待機列はないようです。月曜日の夕方以降は快適に見られるという話をちらほら見かけました。私が行った両日は、会場の狭さも手伝って非常に混雑していたので、普段預けない人でも荷物はコインロッカー推奨。チケット代に解説の小冊子と音声ガイドも含まれていますから、忘れずに両方getしてから展示室へ。混み具合は二回とも似たようなものでしたが、フェルメールルームの絵の前は週末夜の方が密度が高かったな。

構成は以下の通り。
第1章: オランダ人との出会い:肖像画
第2章: 遠い昔の物語:神話画と宗教画
第3章: 戸外の画家たち:風景画
第4章: 命なきものの美:静物画
第5章: 日々の生活:風俗画
第6章: 光と影:フェルメール

2018103002.jpg

続きを読む

2018/11/27

「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」国立新美術館

国立新美術館で「ピエール・ボナール展」を見て来ました。オルセー美術館の所蔵品を軸にボナールの画業を回顧する展示。土曜日の午後4時過ぎに到着しましたが、会場内は比較的空いていて見やすかったです。新美では同時開催中の東山魁夷展が大ヒット中で、そちらに向かうお客さんが多かったみたい。

構成は以下の通り。
第1章 日本かぶれのナビ
第2章 ナビ派時代のグラフィック・アート
第3章 スナップショット
第4章 近代の水の精(ナーイアス)たち
第5章 室内と静物「芸術作品 - 時間の静止」
第6章 ノルマンディーやその他の風景
第7章 終わりなき夏

2018111700.jpg

続きを読む

2018/11/26

「国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展 夢、希望、愛- アイヴァゾフスキーからレーピンまで」東京富士美術館

東京富士美術館で「国立ロシア美術館所蔵 ロシア絵画の至宝展 夢、希望、愛- アイヴァゾフスキーからレーピンまで」を見て来ました。副題にもあるアイヴァゾフスキー「第九の怒涛」とレーピン「サトコ」が目玉かと思いますが、全部で40点と少なめながら、見応えはたっぷり。

土曜日の昼前に行ったのですが、比較的客層は落ち着いていました。土曜日は小中学生無料だし、ここは割と皆さんフリーダムにご覧になるケースが多いのですが、今回はストレス少なめ。大きな絵が多いのも理由の1つかな。会期後半混んでくるとまた違うかもね。常設は毎回フリーダム!ですけれど、そもそも見ている人が少なくて私たちもかなりのんびり見てたので気にならず。

2018111000.jpg

続きを読む

2018/11/25

「山と水と桜の画家 日本風景画の巨匠 吉田博展」狭山市立博物館

狭山市立博物館へ「山と水と桜の画家 日本風景画の巨匠 吉田博展」を見に行って来ました。昨年の生誕140年回顧展には足を運べなかったのですが、規模は全く違うとはいえ初公開の作品などもあり、予想以上に充実した展示でした。

入場料金150円だよ、素晴らしい。

2018111800.jpg

続きを読む

2018/09/03

「没後50年藤田嗣治展」東京都美術館

少し前のことですが、東京都美術館で「没後50年藤田嗣治展」を見てきました。お盆期間中の月曜開館日閉館前、ゲリラ豪雨の後の美術館は激混みというほどでもなく。今回は小さなサイズなどじっくり近くで見る系のものがあまりなかったので、行列して次の絵へということもなくてストレスなく見られました。

2018081300.jpg

構成は以下の通り。
I. 原風景 - 家族と風景
II. はじまりのパリ - 第一次世界大戦をはさんで
III. 1920年代の自画像と肖像 - 「時代:をまとうひとの姿
IV. 「乳白色の裸婦」の時代
V. 1930年代・旅する画家 - 北米・中南米・アジア
VI-1. 「歴史」に直面する - 二度の「大戦」との遭遇
VI-2. 「歴史」に直面する - 作戦記録画へ
VII. 戦後の20年 - 東京・ニューヨーク・パリ
VIII. カトリックへの道行き

続きを読む

2018/07/28

「ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ」ポーラ美術館

ポーラ美術館で開催中の「ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ」を見て来ました。いつも会期末が近づいてから慌てて行くのに、ポーラ美術館の初日に行ったのは初めて。こちらはいつでもある程度の客入りがあり、空きすぎることも混みすぎることもほとんどないのだけど、初日もそれは変わらないようでした。ただ、ちょうどお昼時だったのでレストランとカフェ目当ての入場者も多く、駐車場はいつもよりやや混み。レストランも行列発生してました。

構成は以下のとおり。
第1章: 夢の中で - 「夢」の源泉
第2章: 水と生命 - 始原的なかたち
第3章: 翼と気球 - 近代性と神話
第4章: ひらかれた夢 - 花と眼
第5章: 21世紀にひらく夢 - 受け継がれるルドン

2018072200.jpg

続きを読む

2018/07/27

「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」八王子市夢美術館

八王子市夢美術館で始まった「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」を見て来ました。2016年4月に伊丹市立美術館から始まったこの展覧会は「約3年をかけて日本各地を巡回」という話ではあったものの2016年度-17年度には東京へ来る気配もなく。遠征を覚悟したところで八王子開催の予定がわかったので、楽しみに待っていました。

構成は以下の通り。
第1章 主著:ゴーリーによるゴーリーの世界
第2章 イギリスの詩・文学とゴーリーの挿絵
第3章 ゴーリーの多彩な創作と舞台美術

2018071300.jpg

続きを読む

2018/06/27

所蔵品特別展「明治150年展」岐阜県美術館

岐阜県美術館 所蔵品特別展「明治150年展」を見てきました。岐阜県美 大好きーって思っているのだけど、足を運んだのは結構久しぶり。もしかしたら日比野館長になってから初めてだったかも…?だいぶご無沙汰しているってことですね、びっくり。

所蔵品展だからかチラシが見当たらず…。

構成は以下の通り。
I. 明治洋画パノラマ展望 日本とフランス 1868-1912
II. 時代と画家 オディロン・ルドン
III. 戦争 画家の背後にあるもの
IV. 熊谷守一とポール・ゴーギャン 2人のアルケミスト
V. 同時進行する世界 文化/芸術の相互受容

続きを読む

2018/06/25

「ボストン美術館の至宝展」名古屋ボストン美術館

名古屋ボストン美術館で「ボストン美術館の至宝展」を見てきました。東京展はとっくに終了している展示ですが、今年閉館する名古屋ボストン美術館で見ると決めていたので。

2018061500.jpg

構成は以下の通り。
I. 異国を旅したボストニアンたち
1. 古代エジプト美術
2. 中国美術
3. 日本美術
II. 「グランド・ツアー」- ヨーロッパ美術を集めたボストニアンたち
4. フランス絵画
III. アメリカン・ドリーム -自国の美術を収集するボストニアンたち
5. アメリカ絵画
IV. 同時代の美術へ -未来に向かう美術館
6. 版画・写真
7. 現代美術

続きを読む

2018/06/23

「モネ それからの100年」名古屋市美術館

名古屋市美術館で「すべてはモネからはじまった モネ それからの100年」を見てきました。名古屋のあと横浜美術館に巡回があります。英題「Monet’s Legacy」がより美術展の主題をクリアに表しているように思いますが、現代美術はモネからはじまった、あるいは、現代美術をモネを下敷きに楽しんじゃいましょう、という趣旨の展示です。

2016年に福岡で見た(前年の東京展をミスしたので)モネ展の最後の展示室に並べられた晩年の睡蓮たちを見たときに「まるで現代美術のようだ」と感じていたので、この趣旨にはとても共感でき、とても楽しみにしていました。

2018061400.jpg

構成は以下の通り。
第1章: 新しい絵画へ - 立ちあがる色彩と筆触 Towards a New Type of Painting
第2章: 形なきものへの眼差し - 光、大気、水 Looking at the Formless
第3章: モネへのオマージュ - さまざまな「引用」のかたち Homage to Monet
第4章: フレームを越えて - 拡張するイメージと空間 - Beyond the Frame

続きを読む