2017/06/26

「ミュシャ展」国立新美術館

こちらも終わってしまいましたが、国立新美術館「ミュシャ展」を見てきました。スラブ叙事詩全20作チェコ国外世界初公開の今年の最大の話題展。2013年のミュシャ展にスラブ叙事詩の習作が展示されていて、その時に2017年に全点東京で展示予定と知り、その頃一体何をしているやらと遠い目になりましたっけ。結果4つ確実に歳をとったもののやってることはあまり変わらない自分がいたのでした。

この手の大型展はテレビの美術番組で取り上げられると混み合うので、その前に見に行くのが定石…みたいなところがありますよね。大抵は会期半ばくらいに放映されてから混むという印象があるのですが。今回は主催のNHKがオープニングと同時にバンバン特番を打ちまくり、会期終了までその手が緩められることがなかったので、ほぼ最初から最後まで集客が落ちなかったのではないかと思います(もちろん、比較すれば会期前半の方がずっと快適に見られたはず)。NHK、鬼やで…。

2017062601.jpg 2017062602.jpg

構成は以下の通り。
スラブ叙事詩
1. ミュシャとアール・ヌーヴォー
2. 世紀末の祝祭
3. 独立のための闘い
4. 習作と出版物

続きを読む

2017/06/24

「15周年記念展 ピカソとシャガール 愛と平和の賛歌」ポーラ美術館

ポーラ美術館で開催中の「15周年記念展 ピカソとシャガール 愛と平和の賛歌」をみてきました。ポーラ美術館が海外からの借用作品を展示するのは初めてだとか。

鑑賞後1ヶ月、見事に記憶が欠落しました...。いつも以上にひどいです。感想になってません、すみません!

2017062401.jpg

構成は以下の通り。
第1章 故郷 バルセロナとヴィテブスク
第2章 旅立ち 前衛芸術の都パリへ
第3章 愛しいものたち 変容する絵画
第4章 戦争 悲劇への抵抗
第5章 南仏のアトリエ 愛と平和の讃歌

続きを読む

2017/06/21

「オルセーのナビ派展 美の預言者たち」三菱一号館美術館

会期終了していますが、三菱一号館美術館に「オルセーのナビ派展 美の預言者たち - ささやきとざわめき」を見に行ってきました。昨年末の怪我の後に始まった催しなのに、会期終了間際に駆け込むのが精一杯だったという。

2017062101.jpg

構成は以下の通り。
1. ゴーガンの革命
2. 庭の女性たち
3. 親密さの詩情
4. 心のうちの言葉
5. 子ども時代
6. 裏側の世界

続きを読む

2017/01/12

今年もよろしくおねがいします。

1月も半ばになってしまい今更ではありますが、あけましておめでとうございます。健やかに一年を過ごせますように、と祈りながら年明けを迎えた2017年です。

まずは下書きのままアップできずにいた、2016年に見た美術展のまとめ的なものを書いておこうと思います。

続きを読む

2016/06/02

ざっくり書き:あべのハルカス美/山王美術館

直近の遠征より大阪編。朝からの予定が少しずつ早めに終わったので、ハルカスだけの予定が山王美術館にも回れてよかったです。天王寺の絹笠で とん蝶もgetできたしね!通常版と黒豆ならば、私はどちらかというと黒豆が好きでした。ただ、塩昆布の味がちょっと苦手だったので、次回買うかどうかはわからないなー。


続きを読む

2016/06/01

ざっくり書き:大山崎山荘美術館/京都市美

直近の遠征より京都編。ひっさしぶりに京都泊でした。もうホテル代が高騰しちゃって大阪・京都は泊まれないなーと思ってたんですけど、割とリーズナブルに好みの宿が出てたので。こまめにチェックしてるとちょいちょい空きも出るみたいだけど、人気のあるホテルはあっという間に埋まるねぇ。

疲れ切って夕飯は伊勢丹B2で予約なしで買えた和久傳の「むらさきの」にしたのですが(母にもらった商品券を活用・笑)、流石に美味しかったわー。二段弁当とか鯛ちらしとかも心引かれるのだけど(当日は予約分で売り切れだった)、「むらさきの」はごはんとおかずの量が私には適切なんだよね。しかも一口分の鯛ちらしも入っているし。朝も早かったし、少々風邪気味でもあったので、9時半には寝てしまいました(で、3時半に目が覚めるパターン)。


続きを読む