2018/02/16

「中澤弘光 明治末〜大正〈出版の美術〉とスケッチ」武蔵野市立吉祥寺美術館

武蔵野市立吉祥寺美術館で「中澤弘光 明治末〜大正〈出版の美術〉とスケッチ」を見て来ました。うちからだと、三鷹ギャラリーと並んで行きやすい美術館の1つなのですが、行ったのは初めて。平日の昼過ぎ、年配のお客さんが途切れずにポツポツと来ていました。中澤のことはあまり詳しくは知らないのだけど、以前そごう美術館と三重県美でやってた展示を見たいなーと思いながら見られなかったので。

2018021401.jpg

構成は以下の通り。
はじめに 洋画家・中澤弘光のあゆみ
1. みだれ髪かるた〜雑誌『明星』 与謝野晶子との出会い
2. 本の美術 - 装丁・表紙絵・挿絵
- 与謝野晶子著書
- その他の装丁・表紙絵・挿絵
旅の画家〜水彩画・絵葉書・スケッチ
- 日本周遊
- 海外周遊(大正6(1917)年朝鮮半島 / 大正11(1922)年ヨーロッパ周遊)
女性を描く / 舞妓の発見
中澤と同時代人との交流
竹久夢二との交流

続きを読む

2018/02/15

開館15周年記念展「100点の名画でめぐる100年の旅」ポーラ美術館

熱海からまたしばらく車を走らせて箱根のポーラ美術館へ。この日のプチトリップは美術だけでなくドライブも堪能。海沿いのR134から曲がりくねった山道、そしてポーラ美術館の周辺はたっぷり雪が残っていました。行きは雲に隠れていた富士山も最終的には綺麗に見られたし。

こちらでは開館15周年記念展「100点の名画でめぐる100年の旅」を見ます。100点の名画を20のテーマに分けて100年間の近代絵画の流れを見せる展示。全て所蔵品でまかなえるのがさすが。

2018021202.jpg

テーマは以下の通り。
01 大自然を歩く - 印象派前夜(1860s-1870s)
02 雲と煙 - モネとモダニスム(1870s)
03 人物の探求 - セザンヌとドガ(1870s)
04 光を描く - モネからスーラ(1870s)
05 美しき女性たち - マネとルノワール(1880s)
06 カンヴァスの上のサムライたち - 日本近代洋画の黎明(1880s-1890s)
07 印象派の向こう側 - ポスト印象派の挑戦(1890s)
08 モネ、水の世界へ(1890s)
09 1900年 - 時代は動き、芸術が変わる(1900)
10 色とかたちの冒険 - フォーヴとキューブ(1900s-1910s)
11 Bonjour!巴里 - パリと日本の画家たち(1910s)
12 美の競演 - 女性像にみる西洋と日本(1910s-1920s)
13 薔薇とキャベツ - 静物画の魅力(1920s)
14 描かれた日本のエレガンス - 洋画の美人画(1920s)
15 パリに集う異邦人たち - エコール・ど・パリの肖像(1920s)
16 魔術的芸術の魅惑 - シュルレアリスムのひろがり(1930s)
17 実りの季節 - マティスとピカソ(1930s-1940s)
18 画家たちと戦争 - 揺れる時代の絵画(1940s)
19 戦後の絵画 - 写実と抽象のはざまで(1950s)
20 それぞれの宇宙 - 描かれた幻想(1960s)

続きを読む

2018/02/14

MOA美術館 所蔵 名品展 尾形光琳 国宝「紅白梅図屏風」

MOA美術館に行ってきました。初訪問です。昨年春に杉本博司の設計でリニューアルした様子があちこちで熱く語られていて非常に興味があり、せっかくなら尾形光琳の国宝「紅白梅図屏風」が出ているこの時期に、と雀さんを誘ってのお出かけでした。

熱海駅裏手の山の上にある立地ゆえある程度の坂道は予想していましたが、曲がりくねった急な坂(そして細い道)をギュインギュイン登って駐車場へ。何かのアトラクションのようでした(笑)。午前9時30分開館で着いたのは9時45分くらいだったと思いますが、驚くほど車が入っておりましたし、次々到着する。人気があるのですね。中もそれなりに人がいました。

チケット売り場でインスタのMOA美術館をフォローしている画面を見せると100円引き(本人1人分)でした。観光地にある美術館はそこそこ高い入場料を取るけども、安くしすぎると鑑賞環境を著しく損ねるので、これくらいが適正なのかな、とは思います。熱海駅からバスで来る人は、バスとセットの割引券もあり。

2018021201.jpg

続きを読む

2017/12/16

「怖い絵展」上野の森美術館

上野の森美術館で今週末まで開催中の「怖い絵展」、開館時間が延長される前の11月に見ています。いや、見たっって言っていいのかなあ…。オーディオガイドも借りず、キャプションもほとんど読まず、版画はパスして、見たかった絵をメインに見て回っただけなので、「体験」はしていないと思う。

先に開催した兵庫県立美術館でも大人気だったようですが、キャパの小さな上野の森美術館でも開幕から大混雑。台風の影響で大雨の週末さえ入場待ちの時間が長かったそうだし。入場締め切り時間が近くなると行列もほぼ収束する感じだったので私はその時間帯を狙って行きましたけど、会期間際の最近は冷え込みも厳しいし、夜もそこそこ並んでいるようです。他の美術展よりだいぶ客層が若いとのことなので、それは良いことですよね。

20171104.jpg

構成は以下の通り。
第1章 神話と聖書 Mythology and the Bible
第2章 悪魔、地獄、怪物 Devils, Hell, and Monsters
第3章 異界と幻視 Other Worlds and Visions
第4章 現実 The Real World
第5章 崇高の風景 Sublime Landscapes
第6章 歴史 History


続きを読む

2017/11/04

開館記念展Part 1「生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて」富山県美術館

富山県美術館の開館記念展Part 1「生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて」を見てきました。前身の富山県立近代美術館から場所を環水公園近くに移た、内藤廣デザインの美しく開かれた美術館です。待ちに待った開館記念展は、内外から優品を集めた見応えある展示。体調や天候などの関係で会期終了間際に弾丸で訪問しましたが、行ってよかったです。

2017110302.jpg

開館時間の15分くらい前についたのに、すでに人の姿も多く。スーツ姿の視察と思しき団体さんもいたし、観光バスで乗り付けたご老人たちの姿もあり、観光地としての役割もあるのかな、と。まずは朝8時から夜10時まで入れるオノマトペの屋上へ。「ぐるぐる」とか「ぶりぶり」とか名前のついた遊具?アート作品?が並んでいましたが、この時は子ども率0%。どんな風に子供達が遊ぶのか、見てみたかったな。

2017110303.jpg

良すぎるくらいのお天気でしたが、立山連峰方面は雲が厚く少し霞んでいました。しかも逆光。もう少しするとくっきり冠雪して綺麗に見えるでしょうね。手前は世界一美しいスタバがある環水公園です。

2017110304.jpg

開館時間になったので1階のチケット売り場に向かうと行列ができてました。お年寄りへの説明に時間がかかっていたみたい。開館直後は人が集中するから、こういうことが起こりがちですよね。


続きを読む

2017/09/15

「ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」Bunkamuraザ・ミュージアム

Bunkamuraザ・ミュージアムで「ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」を見て来ました。個人的に今年楽しみにしてた美術展ベスト5内に入るもので、怪我がなければ待ち切れずに最初の開催地である宇都宮まで行っていたハズ。今回は大人しくザ・ミュージアムで見て来ました。

大満足ではあったのですが、帰宅後に図録を見て椅子からずり落ちました…。特にお目当でお気に入りだったクノップフ、作品の繊細さから致し方ないことではあるのですが、3会場のうち1カ所でしか出品されないものばかりだったのです。ならば先に言って欲しかったよー。最終会場が東京では、もうどうしようもできないではないか。

2017090901.jpg

構成は以下の通り。
1. 15-17世紀のフランドル美術|ボスの世界|ブリューゲルの世界|ルーベンスの世界|
2. 19世紀末から20世紀初頭のベルギー象徴派、表現主義|ロップスの世界|ベルギー象徴派|アンソールの世界|
3. 20世紀のシュルレアリスムから現代まで|マグリットとデルヴォー|ヤン・ファーブルと現代美術|

続きを読む

2017/09/11

「英国 ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ」熊本県立美術館

熊本県立美術館で「英国 ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ」を見てきました。1907年設立の英国ウェールズ国立美術館のコレクションから、19世紀-20世紀初頭の英仏絵画を紹介するもの。広島、愛媛に続いて熊本が三ヶ所目。その後は岡崎、静岡、福井へ巡回するのですが残念ながら東京近郊には来ません。一番行きやすい静岡でもよかったのですが、どうせなら行ったことなくてコレクション展も楽しそうなところがいいよね。熊本ではちょうど「大熊本県立美術館展 リターンズ」も開催されていて、夏休みの旅行に提案したら賛成してもらえたので、こちらへ。

美術館の手前で、今見て来たと思われる小さなお子さん連れの素敵な奥様から、招待券を1枚譲っていただきました。なんて幸運、なんて優しい方でしょう。本当にありがとうございました。

2017081711.jpg

続きを読む

2017/06/26

「ミュシャ展」国立新美術館

こちらも終わってしまいましたが、国立新美術館「ミュシャ展」を見てきました。スラブ叙事詩全20作チェコ国外世界初公開の今年の最大の話題展。2013年のミュシャ展にスラブ叙事詩の習作が展示されていて、その時に2017年に全点東京で展示予定と知り、その頃一体何をしているやらと遠い目になりましたっけ。結果4つ確実に歳をとったもののやってることはあまり変わらない自分がいたのでした。

この手の大型展はテレビの美術番組で取り上げられると混み合うので、その前に見に行くのが定石…みたいなところがありますよね。大抵は会期半ばくらいに放映されてから混むという印象があるのですが。今回は主催のNHKがオープニングと同時にバンバン特番を打ちまくり、会期終了までその手が緩められることがなかったので、ほぼ最初から最後まで集客が落ちなかったのではないかと思います(もちろん、比較すれば会期前半の方がずっと快適に見られたはず)。NHK、鬼やで…。

2017062601.jpg 2017062602.jpg

構成は以下の通り。
スラブ叙事詩
1. ミュシャとアール・ヌーヴォー
2. 世紀末の祝祭
3. 独立のための闘い
4. 習作と出版物

続きを読む

2017/06/25

「シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才」国立西洋美術館

すでに会期終了した展示ですが、国立西洋美術館「シャセリオー展」と「スケーエン:デンマークの芸術家村」を見て来ました。シャセリオー展にはモローが出ているというし、スケーエンの画家たちの絵は一度生で見たいと思っていたので、早く行きたくてウズウズしていたの。会期終了間近になって来たので、雀さんを誘って行って来たのでした。

先ずはシャセリオーから。

2017062501.jpg

構成は以下の通り。
1. アングルのアトリエからイタリア旅行まで
2. ロマン主義へ - 文学と演劇
3. 画家を取り巻く人々
4. 東方の光
5. 建築装飾 - 寓意と宗教主題

続きを読む