FC2ブログ
2018/03/27

2018年3月に読んだ本

唐突ですが、今月読んだ本メモを。3冊だけかよ、って言わないように(笑)。

鉄道王たちの近現代史 - 小川裕夫 (著)

鉄道王たちの中にも後にそのコレクションを基に美術館が作られた人が何人もいて(小林一三・堤康次郎・五島慶太・根津嘉一郎…他にもいるのかな)、そのあたりの興味から手に取った本。

日本の近代史における鉄道と鉄道王の担った役割を、交通網・電気事業・都市計画・百貨店・リゾート…と各章ごとのテーマに沿ってレイヤーを重ねて行くもので、それぞれの実業家の「実業」の部分がメインでした。「個」に興味のあった私の求めていたものはなかったけれど、読み終わってみればとても面白いものでした。取り上げられた事柄は面白いのだけど、文章がちょっととっつきにくかったかな、とも。頭の中であちこちの風景やらなんやらを思い浮かべながら読むのは楽しかったです。


小林カツ代と栗原はるみ - 阿古 真理 (著)

これもある意味で近代日本史の本ですね。料理研究家と生活史の移り変わりを追っているのですが、台所と女性との結びつきの強さから、女性史としても読めました。

料理研究家はレシピを知りたい一般女性たちのニーズがあって登場するもので、その特徴を追いかけると、その時々の女性が置かれた立場が見えてくるというのに目から鱗。それぞれの育った環境や料理研究家として伝えたい信念がレシピに反映されているのも、定点観測のビーフシチューレシピからよくわかります。

著者が私と同年代だからというのも大きいと思うのですが、私の親世代の置かれた立場とそれに連なる自分たち世代の育てられ方、価値観、といったあたりがドンピシャで色々合点がいきました。思い至らなかった母世代の大変さに改めて気付かされたというのもあるし、どうして私はこうなんだろう…とずっと辛かったことの一部を「時代のせい」にしちゃってもいいかな、と少し心が軽くなったりも。

みんな大好きレミさんが出てこない!って思ったけど(笑)レミさんは料理愛好家だからだよね、きっと。あと、読み進めていくうちに、我が家の肉じゃがレシピが誰のものだったかがわかったよ。


感染領域 - くろき すがや (著)

雀さんに借りた本。2017年の「このミス」で優秀賞を受賞した作品(「カグラ」改題)で著者のお一人が友人なのだそう。自分では手に取らないタイプのバイオテクノロジー方面のミステリー。雀さんと私は本にしても映画にしても音楽などにしても趣味が全く違うので、こういう風に色々幅が広がる面白さがあります。

とはいえ、バイオ関連の用語なんて目が上滑りしそうな気がして、実は最初のページを開くまでは少し気が重かったのですが。読み始めたらスイスイ言葉が流れ込んでくる。噛み砕き具合が絶妙なのでしょうね、その筆力に感嘆しつつ楽しみました。

主人公と元恋人はキャラクターの造形や関係性が男性誌っぽいのはちょっと笑ったけど、シリーズ化に耐えうる登場人物が揃っているので今後の展開も期待できそう。

2014/07/20

「楽園のカンヴァス」原田マハ

また一ヶ月放置のコト。
なんだか、慌ただしく過ごしておりました。気持ちの問題なのですけどねー。ちょっと呼吸が浅いのかも。深呼吸して、ゆったり構えて参りましょう。


最近よーやく文庫が発売された、原田マハの「楽園のカンヴァス」。噂に違わず面白かったです。小説としてはちょっと詰めが甘いと思うし、正直 物足りなさはあるのです。でも美術好きとしては好きな世界にどっぷり浸かるコトができた至福の時でありました。

この方の書いたものは、ANAの機内誌「翼の王国」で何度か連載ものを読んだくらいで、ちゃんと読むのは初めてでした。元々美術畑といっていいところの方なのですね。それゆえに、芸術家や美術界への視線も、美術好きとして不快なところがなかったのもプラスに働いたのかも。

倉敷、ニューヨーク、バーゼル(スイス)、そして20世紀初頭のパリを舞台にした美術もので、ルソーとピカソが大きな主題になっています。ミステリー的な要素も加味されているけれど、ミステリーだと思って読むと肩すかしを食らうと思う。それと、ある程度の史実を元にしてはいるものの、ほとんどはフィクションです。

気に入った理由の1つは、まずルソーが好きな画家であることが何よりも大きいでしょうし、そのパリにも関心が強いというのもあるでしょう。更には、舞台の1つになった大原美術館も3月に訪問したばかりだし、バーゼル財団が所有するコレクションの一部をウィーンで見た経験も、親しみを感じた理由だと思います。

そういう意味では、ニューヨークに、MoMAに行った事がないのは、この作品の大きな主題であるルソーの「夢」を見た事がないのは痛恨といえます(笑)。いつか、NYで美術とバレエ三昧したいっす。

楽園のカンヴァス (新潮文庫)
楽園のカンヴァス (新潮文庫) 原田マハ

2013/01/26

sir colinのお仕事

1月は少しだけ余裕があったので、録りためたままの映画などもボチボチ見る事ができました。

絶対泣くから気持ちにたっぷり余裕がある時じゃないと見られないと置いてあった「英国王のスピーチ」もようやく。よくできた映画でした。映画見ててマイケル・ガンボンが出てくると(この映画では父王ジョージ5世)、脳内でジェレミー・クラークソンが「マイケル・ガンボーン」と叫ぶのをどうにかして辞めさせたいところ…。

コリン・ファースは何やっても上手いし、この映画なんかは王道だよね。ところどころのユーモアがイギリス映画らしくて好もしいし、いろんな描写が表すものも分かりやすく繊細。

イギリス王室はどこを切り取ってもドラマになると思うけれど、その中でも殊更ドラマティックな長男エドワード8世ではなく、吃音を克服しつつ兄の代わりに王位についたジョージ6世の映画っていうのもイギリスらしいよね。…ってエドワード8世とシンプソン夫人も映画になったんでしたっけね、マドンナ監督で。


で、次は「セントトリニアンズ」。WOWOWで録画したまま数ヶ月放置してました。これ、日本では公開されずDVDスルーされた、たぶんティーン向けの学園コメデイ映画なのですが、あちらではそうとう息の長いコミックスを題材にしたものらしいですね。同じスタッフで続編もあって、それもWOWOWで放映されました。

主人公は女子高生アナベル。彼女が父親に連れられて、父の姉が校長を務める全寮制の女子校に転校してくるところから物語が始まるのだけど、この父親と校長を一人二役しているのがルパート・エヴェレット。見た事あるよなー、、、と数分間固まってしまったわよ。何て楽しそうなんだ、ルパートw。で、ググってみたらかれはこの映画の制作総指揮も担当していると。ああそうか、だからコリン・ファースも口説けちゃったのか、とか邪推しましたです。

というか、1作目はコリン・ファースがいないと成り立たない脚本でしたわ。破産寸前の学園を救うためにフェルメールの名画「真珠の耳飾りの少女」を盗み出すっていう話なので、当然コリンが出演した同名の映画にも言及が。

それ以外にも、校長の愛犬の名前はダーシー(ファンには説明不要だけど、コリンの出世作「高慢と偏見」で彼が演じたMr.ダーシーから)。ずぶ濡れになったコリンが歩いてくるショット(これも「高慢と偏見」の超有名なシーンから)などなどコリンファンへのサービスたっぷり(笑)。しかも、ルパートとコリンが舞台/映画ともに共演した「アナザー・カントリー」を思い出させる台詞回しなどもあって、ニヤニヤが止まらない、つーね。この辺あざとい位ですが、ファンは喜ぶ、と。

2作目では、グローブ座でロミオとジュリエットを演じるコリンと(女装)ルパートっつーのが拝めます。素人が演じる設定だから最初の方は台詞回しもひどいんだけど、2人とも舞台出身な訳だし、どうせなら本気モードでじっくりたっぷり見たいくらいでした。この場面は実際に客入れて撮ってるけども、客は最初からそれ用に集めた人たちなのかなぁ。お客さんもみんな素で楽しんでる感じで、ちと羨ましい。

しかしまぁ、映画としてはシリーズ2作とも出来がよいものではなかったです。コリンって割と仕事選ばないよね、と思う事が(笑)。「シングル・マン」と「英国王のスピーチ」の間に公開されたのが「セントトリニアンズ2」かよw ま、よい映画も沢山あるし、ファンとしてはいろいろな面が見られて面白いですけど。


あ、そういえば、コリンが出演した「ドリアン・グレイ」の話もしてなかったですよねー(笑)。これはまた改めて。

2012/09/28

映画「イヴ・サンローラン」

昨夜はドキュメンタリー映画「イヴ・サンローラン」を。WOWOWで録画しておいたもの。サン=ローランが亡くなって、公私にわたる長年のパートナーだったピエール・ベルジェが語るサン=ローランの事と2人の事、そして彼らが所有していたものすごい数の美術品がオークションにかけられるまでを織り込んだもの。ベルジェの語りと古いアーカイブ、現在進行形の美術品の査定や運び出しが交互に映し出されていきます。

イヴ・サンローラン [DVD]


画面には、ひたすらに美しいものが溢れていました。サン=ローランのオートクチュール(最後半にはプレタポルテも)、それを身にまとうモデルたち、彼らの邸宅、その邸宅に所狭しと並べられた美術品と美しい調度品たち。大きなアンソールが1枚あって目を惹いたのだけど、あれはオークションの後どちらへ渡ったのでしょうね。

美術品はこつこつと手元に集められていったという事だけれど、そんなゴージャスな大邸宅でありながら本当に気持ちが安らいだのは思い出の写真などが飾られた(もちろん本もぎっしり)書斎だった、という話も印象深し。それらの写真の中には、マイヤ・プリセツカヤの写真も。


クリスチャン・ディオールのアトリエを継いだサン=ローランですからして、その当時からの映像や写真もたくさんあるんですよね。中にはベルジェが提供したと思われるプライベートフィルムも含まれていました。若い頃のサン=ローランは真面目ではにかみや、という雰囲気。最晩年までの様々な時期の彼は、自信たっぷりだったり疲労の抜けない顔をしていたり、あるいはふてぶてしかったり。

コレクションのフィナーレに登場するウエディングドレスと、その後に喝采を受ける為に登場するサンローランの姿とが、何シーズン分も一気にまとめて流れる場面があるのですが、そこが圧巻でした。様々な趣向をこらしたドレス、それを生み出す為に文字通り身を削ったサン=ローラン。

才能豊かだった彼の仕事の1つとして、ピンクのシャンパンの泡をイメージした羽根の衣装を着てポワントで立つジジ・ジャンメールの姿も。そういえば、一昨年だったかパリで泊まったホテルに、サン=ローランのジジの為のデザイン画が額装してありましたっけ。(ここ参照:4枚のうち左下の衣装を着たジジが、映画に登場します)


2人の、あるいはサン=ローランの困難な時期についての話も良い時の話も、ベルジェはあまりトーンを変える事なく淡々と話しているようにみえました。その口調と、そして2人が大切にしてきたコレクションをイヴの死後オークションにかけてしまうという行動、オークションの目的を知らずに映画を観ると「え、何なん?そんな簡単に…」と思ってしまう事でしょう。この答えは映画の後半にベルジェ自身から明かされるのだけど、まぁ当時もニュースになったから知っている人は知っているよね。あの大きなグランパレを会場に開かれたオークションの様子も少しだけ見る事ができるのだけど、会場も電話参加者も鈴なり。金額もものすごい事になっておりましたですよ。

そういえば、フランスW杯のセレモニーで、スタジアムに歴代の彼のコレクションを身にまとった300人のモデルが登場した時の映像なんかもありました。まさに時代を象徴するファッションが並んでいて、唸りました。今あれだけの「時代の象徴」を産み出すのは不可能でしょうね。あの時代のクチュリエの創造性があってこそ、現代の嗜好の多様化がある訳なので、どちらがよいって話でもないけど。そのモデルさんたちの中に日本人もいるじゃん!って思ったら川原亜矢子さんだったみたい。


それにしても圧巻の美でございました。んと、例えば何年か前に続けざまに公開されたシャネルものなんかと比べると、映像も落ち着いたトーンだしファッション目当てだと肩すかしかなーとも思いますが、それでもサン=ローランの美意識が生んだものは堪能できるかと。

2012/09/26

「ドリアン・グレイの肖像」

オスカー・ワイルド「ドリアン・グレイの肖像」、3回映画化されているうちの1つめ、1945年アルバート・リューイン監督の「ドリアン・グレイの肖像」を見ました。これについては、ヘルムート・バーガー主演「ドリアン・グレイ 美しき肖像」を見ての流れ、でございます。


ドリアンが婚約する場末の劇場の女優シヴィルが、見せ物小屋の歌手になっていて、画家バジル・ホールワードの姪という原作には登場しない女性も出てくるという。基本的には原作にそった流れで物語は進んでいくものの、ドリアンと女性との関わり方が原作とは違っていたりとか、全体的に「薄い」味付け。

そういう女性関係の事って時代的な背景もあるのかしら。ドリアンがシヴィルを捨てる原因はヘンリー卿の入れ知恵でドリアンが彼女を試した末で、という貞操の問題になっているのがちょっとね…。あと、美しく成長したバジルの姪とドリアンが結婚する事になるとか、何かそういう「変にリアリティをつけようとする」ところはいらなかった気がするのだけど。ただ、女優さんは文句なしに美しいので、目は喜びましたですよ。


美術的には割と納得がいくものでした。ドリアン役のハード・ハットフィールドはこれがデビュー作だったそうですが、毒気のなさすぎる美青年という印象がちょっと肩すかし。最初にかすかな変化が現れた絵の中のドリアンくらいの佇まいだったら、きっと全然印象が違っていただろうなぁ。

ヘンリー卿役のジョージ・サンダースは、ちょっとだけ若い頃のベジャールさんの雰囲気があって親近感。も少し厭世的だったらとは思うけど、現実味のあるヘンリーだった気が。バジル役のローウェル・ギルモアもイメージ近かったです(私の中でこの役は何故かティム・ロビンスに置き換わっているという…)。この2人だけで好印象に傾いた映画ではありました。配役と美術大事。

ドリアンの愛読書がオスカー・ワイルドってのは安易かなと思いつつ、オーブリー・ビアズリーの美しい装画がちらりと見えて嬉しかった。でもワイルドの本を写したからといって、その世界感まで表現される訳ではないからねぇ。でも、時代設定が自然だったのは何よりだし、知らずに見たバーガー版ほどの裏切られ感はなかったけど(笑)。結局何をこの原作を題材にした映画に求めるかって事よね。うーん、評価は保留。

2012/09/23

映画「ドリアン・グレイ 美しき肖像」

しばらく連続で更新すべし!と思ってたのに、昨夜は別ブログの更新に集中しすぎてココの事が頭からすっぽり抜けてしまいました…。

そんな昨夜は、少し前にWOWOWで放映した映画「ドリアン・グレイ 美しき肖像」の録画を見ました。ヘルムート・バーガーがドリアン・グレイを演じている、マッシモ・ダラマーノ監督作品でございますね。存在は知っていたけど初見でした。

ドリアン・グレイ 美しき肖像 [DVD]


私はオスカー・ワイルド好きで、この映画の原作も年に1回くらいは読み直す程度には好きなのです。翻訳は新潮文庫の福田恒存版が最初に読んですっとハマったので、他の翻訳は読んだ事ないですし、原書はiBooksで読んではいるもののまだ途中なので偉い事は言えませんけどね…。

その新潮文庫のカバーに上のジャケットと同じポーズのヘルムート・バーガーの写真も載っていて、だからいつかはこの映画が観られたら、と思っていたのでした。ヘルムート・バーガーも、ヴィスコンティの「ルートヴィヒ」や「家族の肖像」での彼は好きだし。


続きを読む

2012/09/20

今更ながらダイヤモンドジュビリーコンサート

今日も更新(笑)。てか、長く放置する前に下書きしといた記事に手を入れて出します。こんな下書きして安心しちゃうなんて私ダメすぎ。

お題はWOWOWで録画した、イギリスはエリザベス女王在位60年記念のダイヤモンドジュビリー・コンサート。10月14日にも再放送が予定されています。


このコンサートはエリザベス女王陛下の在位60年記念式典のクライマックスの1つで、チケットは全て無料だったとか。バッキンガム宮殿の前、ヴィクトリア記念碑を囲む池と通路のサークルスペースに特設舞台が設置されて(だから、馬に乗った銅像とかが舞台に並んでる感じになるのが可笑しかった)アリーナ的な広場には観客がびっしり。ロイヤルボックスを含むスタンド席がそれを囲むように設置されていました。

それだけでなく宮殿とトラファルガー広場と結ぶ道路ザ・マルにも観客が密集。オーロラビジョンもたっくさん設置されていました。たぶん、隣接するセントジェームズ公園の中もお客さんいっぱいだったのでしょうね。


続きを読む

2011/07/03

A&C

昨夜、深夜でしたがモナコのロイヤル・ウェディングをネット中継で堪能致しました。私、アルベール大公けっこう好きなんですよねー、、、というのは、ここをずっと読んで下さっている方なら、もしかしたら知っているかもですが。でも、そんなに女好きだとは知らなかったんですけども(笑)。

お式の直前に不仲説なんて出て来ちゃってちょっと心配しましたが、とてもゴージャスなお式でした。参列者の中にはロジャー・ムーア、カール・ラガーフェルド、ナオミ・キャンベル、それにジャン・トッドのお顔まで。サルコジも来てたけど、カーラ・ブルーニはいなかった。とか。招待客(と花嫁)は会場に入る前に長いレッドカーペットを通るので、じっくり見られるのもよかったですわよ。オテル・ド・パリからリムジンでレッドカーペット前まで順番に乗り付けて入場なさるの。

あとは各国要人のみなさま。イギリスのウィリアムとケイトちゃんはカナダ歴訪中につきお返しの訪問が見られず残念でした。大公の甥/姪にあたるカシラギキッズも麗しゅうございました。

この結婚でフランス語読みに統一されたシャルレーヌ妃は、そりゃあ美しいお姿。ドレスは事前の予想通りアルマーニ。シンプルで長身が生きるライン。よく見ると刺繍でダイヤ(でしょうね?)スワロフスキや真珠(だそうです)が縫いこんであって。ブーケも綺麗でしたねー。ウィリアムとキャサリン妃の時みたく、広報がいろいろ発表したりしてくれなかったんで、ブーケのお花が何とかはわからなかったのですが。

お式では、指輪交換後にシャルレーヌ妃の出身地南アフリカの歌手による歌があったり、レネ・フレミングやアンドレア・ボッチェリの独唱があったりもして、そりゃあ国家元首ともなれば、お式もこうなりますわなぁ、の豪華なものでした。

終了後は2人でレッドカーペットを進んでフラワーシャワー(ものっすごいあびてました)を受けつつ、待ち構える特注のレクサスに乗り、サンデポテの教会へ。ここにブーケを捧げるのがモナコの慣習なんだそうですよ。この場で母と娘による賛美歌が歌われたのですが、シャルレーヌ妃は感極まって涙を。こちらの教会には障害のあるお子さん達が多く招待されていたようです。教会の外で待ち構えていた人たちもモナコと南アフリカの旗を持って「キスキス~!」と大合唱(笑)。1回サービスしてあげてましたが、祝福ムードに溢れていてとてもよいと思いました。それに、彼らが通る道のわきで待ち構える人たちも多かったですけど、車との距離がけっこう近いのにもびっくり。

さすがに晩餐会は中継がなかったのでそれで寝ましたけども、アラン・デュカスによる正餐、豪華だったでしょうねぇ。出席された各国王族のゴージャスなドレスも素敵でしたわ。


てことで、私としては7月の楽しみの1つが終わってしまって淋しい気分でもありますが、とにもかくにも、お二人にはお幸せに暮らしていただきたいです~。

2011/02/18

映画など2

ぼちぼちと映画(のDVD)を見る、の日々は続いています。この1週間ほどで見たのは、「アフタースクール」とか「恋するベーカリー」とか。

「アフタースクール」は雀坊堂に「面白いよ!」とDVDを借りたまま1年以上(ひ~)経っていたものです…すまんこって。で、見始めたら、ホントに面白かった。見事にだまされるから、って方々に書いてあるけど、確かにこれは。途中で「ええっ!」という驚きがたくさん。最後の方はもう考えるのを止めて流れに身を任せ、みたいな感じでした。配役の妙もありますよねー。お見事。

この映画、凄いなーと思うのは、私がざっと調べたところでは、ネタバレしている感想が見あたらなかった事。あまり類のない事なのでは…大抵どっかでネタバレってあったりするものですけど、公開から何年か経つのに「後から見る人」の為に鑑賞済みの人が「面白いけど書けない~」という感想ばかりでネタバレが見あたらないのは、それだけ他の人にも「やられた!」を味わって欲しいと思うからなんですよねぇ。それに感心した(笑)。


「恋するベーカリー」は、なんと言ってもジョン・クラシンスキーがよかった。メリル・ストリープ演じる主人公の娘の婚約者なんだけど、いっつも見てはいけないところを目撃しちゃうのね。で、婚約者もその家族も傷つかないように気を配る。彼をキャストしてああいう愛すべきキャラとして登場させたのが成功の一因では、と感じた次第。


あとは「ココ・アヴァン・シャネル」も見ましたわ、そーいえば。シャネルものは去年いくつか映画が続きましたが、「シャネル&ストラヴィンスキー」と「ココ・シャネル」は先に見ておりまして、よーやくここへきてオドレイ・トトゥ主演の映画も見た、という訳で。

「シャネル&ストラヴィンスキー」はボーイ亡き後のシャネルのお話。シャーリー・マクレーン主演の「ココ・シャネル」は孤児院に預けられたところからボーイの死までと戦争後にパリでカムバックした時の事とを交互に描く感じ。そしてオドレイ・トトゥ「ココ・アヴァン・シャネル」は孤児院に預けられた事も冒頭に少し描写があるけれど、メインはエティエンヌとの出会いからボーイの死までで、その後の成功もちょこっと、、という感じ。

「シャネル&ストラヴィンスキー」は描かれた時期が違うので置いておくとして、「ココ・シャネル」と「ココ・アヴァン・シャネル」は見る順序が逆だったらよかったなーと。「ココ・シャネル」の方が、お話としてまとまっていて面白いの。「ココ・アヴァン・シャネル」だけ見たら、いろいろ説明不足なところあがって主人公にはちょっと共感しにくい…(実際そういう女性だったのだろうけど)

あと、ボーイ役の俳優さんとしても「ココ・シャネル」のオリヴィエ・シトリュクの方が好みだった…というのもあるかも(笑)。お洋服も、こっちの映画の方がいろいろ出てきましたし。

2011/02/13

映画など

不調であまり動けないので、たまった映画DVDを見ているこの頃。五十音順に消化していたら、イギリス王室ものが続きました。「ヴィクトリア女王 世紀の愛」「エリザベス ゴールデン・エイジ」ミニドラマ「キング・オブ・ファイヤー」、そして「Queen Victoria 至上の恋」。(他の題材の映画も見てますけども)

ヘンリー8世とエリザベス1世はテューダー朝、ヴィクトリア女王は現女王の4世代前(で合ってる?)の女王なのでぐっと最近ですけどねー。ヘンリー8世ものでは、もう少し先に「ブーリン家の姉妹」もスタンバっております。ドラマ「TUDORS」はとっくに挫折(笑)。

現女王のお父様、これから公開になる、ジョージ6世を描いた映画「英国王のスピーチ」も楽しみですよ。コリン・ファース主演だし♪アカデミー賞どうなりますかねー。

ヴィクトリア女王を描いた2つの映画は、「ヴィクトリア女王 世紀の愛」が、若い頃(即位前からアルバート公との出会いと結婚生活の最初の方)が描かれていて、「Queen Victoria 至上の恋」が、アルバート公が亡くなって喪に服しているヴィクトリア女王と私的使用人ブラウンとの交流を描いたもの。前者のヴィクトリア女王を演じているエミリー・ブラントが、「キング・オブ・ファイヤー」で5番目の妻キャサリン・ハワード(火遊びが盛んだったとか)でも出演していたので、記憶がこんがらがりそうになる(笑)。


で、昨日くらいからはぼちぼちと「クリムト」を見ています。ジョン・マルコヴィッチ主演の。もう少し当時のユーゲントシュティールな内装が堪能できるのかなーと思っていたのだけど、そうでもないですね…。エゴン・シーレ役のニコライ・キンスキーが、写真や自画像からイメージするシーレによく似ていて怪演してます。シーレはかなりエキセントリックな人として描かれているけど、実際はどうだったのかしら。シーレの映画からはそういう印象は受けなかったけれど。