FC2ブログ
2019/10/31

「水木しげる 魂の漫画展」宇都宮美術館

9月下旬のことですが、宇都宮美術館で「水木しげる 魂の漫画展」を見てきました。いつかは訪れたいと思いながら何年経過したことやら。いろいろな思惑が合致して(?)宇都宮までドライブ。3連休の中日だったせいか道もそこまで混んでなくて、2時間ちょっとで到着したのはラッキーだったのかな。

構成は以下の通り。
第1章: 武良茂アートギャラリー〜少年天才画家あらわる!〜
第2章: 水木しげる漫画研究〜片腕で生み出す独自の画法〜
第3章: 水木しげる人気三代漫画〜鬼太郎/悪魔くん/河童の三平〜
第4章: 総員玉砕せよ!〜壮絶な戦争体験記〜
第5章: 溢れる好奇心人物伝
第6章: 短編に宿る時代へのまなざし
第7章: 妖怪世界にようこそ
第8章: 人生の達人 水木しげる

2019092201.jpg

続きを読む

2019/10/30

日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」国立西洋美術館

すぐ書くつもりの感想が後へ後へと…。

西洋美術館の新館を使っての企画展示は、常設料金でこれ見せていただいてよいのですか?という素晴らしいものが多いです。これもその1つ。松方コレクションと同じくらい期待していきました。小規模ですが、フィンランドとの外交関係樹立100周年を記念した、7人のフィンランド女性芸術家を紹介する展示です。今回もよい出会いがありました。

章立ては特になく、前半の第7室から第9室が大まかに作家別、版画素描展示室は、それらを中心に親密な作品を、という感じだったと思います(展示順は既にうろ覚え)。

2019081301.jpg

続きを読む

2019/09/26

「松方コレクション展」国立西洋美術館

後回しにし続けているうちに、会期が終わってしまいました。8月に見た松方コレクション展についてメモを残しておかなければ。

構成は以下の通り。
プロローグ
1. ロンドン 1916-1918
2. 第一次世界大戦と松方コレクション
3. 海と船
4. ベネディットとロダン
5. パリ 1921-1922
6. ハンセン・コレクションの獲得
7. 北方への旅
8. 第二次世界大戦と松方コレクション

2019081300.jpg

時系列にそって、コレクション収集の過程を追った展示になっていました。松方本人は美術愛好家というよりも「日本に本格的な西洋美術の美術館を」という大志で作品を集めた人だったそうで、今回の展示からは、その大志とこれだけのことを成し得た時代というものにも感じとれるものがありました。そして何より、学芸スタッフによる膨大で根気強い調査の結果を享受できる幸せ。なんというか、知的好奇心がぴちぴち体内で跳ね回る感じ?

混んでいたので西洋美術館でよく見られる絵は遠目でご挨拶程度に見ましたが、それでもなかなか足が先に進めませんでした。大充実。あの美術館のこの絵は松方旧蔵品だったのか!という驚きもたくさん。

続きを読む

2019/08/10

国立トレチャコフ美術館所蔵「ロマンティック・ロシア」山形美術館

ロマンティック・ロシア展を見に、山形美術館に行ってきました。東京で行きそびれ、岡山も行きそびれての山形。山形美術館にはずっと行くチャンスがなかったのに、去年初めて訪問したあとは、また今回のように割と時間をあけずに再訪できたという、遠征あるある。山形美術館では、巡回中だった所蔵品が一旦8月6日から美術館に戻ってきているそうで、行くならその時期が吉野石膏コレクションの西洋絵画も一緒に楽しめてお得なようですよ。山形も超暑かったです!

構成は以下の通り。
第1章: ロマンティックな風景
1-1 春
1-2 夏
1-3 秋
1-4 冬
第2章 ロシアの人々
2-1 ロシアの魂
2-2 女性たち
第3章 子供の世界
第4章 都市と生活
4-1 都市の風景
4-2 日常と祝祭

2019080100.jpg

続きを読む

2019/08/09

「ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち」あべのハルカス美術館

あべのハルカス美術館でギュスターヴ・モロー展を見てきました。汐留で開催中は体調が優れないことが多くて遠征と相成りました。モロー展は東京・大阪・福岡と巡回しますが、油画は共通で素描が若干入れ替わるという話だったので、油画が同じならいいかなーと…。最初の時点では全て見に行ってやるぜと思っていたのですが(笑)。こちらは空いていて快適鑑賞でした。

構成は以下の通り。
1. モローが愛した女たち
2. 《出現》とサロメ
3. 宿命の女たち
4. 《一角獣》と純潔の乙女

2019073101.jpg

続きを読む

2019/08/08

「クリムト展 ウィーンと日本1900」愛知県美術館

豊田市美術館で開幕したクリムト展を見てきました。東京展でスタートダッシュしそびれて、会期後半のあまりの混雑に恐れをなして遠征にしました…。8月に入るとあいちトリエンナーレも始まって混雑に拍車がかかりそうなので、7月のうちにとギリギリで滑り込んだのですが、平日の開館30分後に到着したら、当日券売り場には行列ができておりました。数えてないけど30-50人ってところかなあ。窓口2つだけだったので、10分程度待ちました。(休日については、開幕直後の土日からチケット購入行列ができて待ち時間も長くなっているようなので、先に用意しておいた方がよいのでは)

並んでいる間にwebで見たけど、豊田展ではwebチケットはなさそうでした。それに、来る時に利用したタクシーで当日券200円オフ券をいただいたので、せっかくなら使いたかったし。他にも係員さんが適用できる割引一覧のフリップを持って並んでいる人たちに案内していましたよ。しかし美術館窓口のチケットはその場でプリントされるもので絵柄チケットではなく…ちょっと残念。次に行くチャンスがあれば、先にプレイガイド等で絵柄チケットを入手して訪問したいところ。ちなみに会期中の土日祝日には新豊田駅前からシャトルバスが出ているそうです。

ということで構成は以下の通り。
Chapter 1. クリムトとその家族
Chapter 2. 修行時代と劇場装飾
Chapter 3. 私生活
Chapter 4. ウィーンと日本 1900
Chapter 5. ウィーン分離派
Chapter 6. 風景画
Chapter 7. 肖像画
Chapter 8. 生命の円環

2019073100.jpg

続きを読む

2019/08/04

「日本・オーストリア外交樹立150周年記念 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」国立新美術館

国立新美術館で開催中のウィーン・モダン展に行ってきました。会期終了1ヶ月前を切って、平日午後でも素描や設計図など細かい展示が並ぶところは割とみっちり混んでましたが、展示作品がものすごーく多いので、後半はみなさんスタミナが切れるらしく、後半は割と好きなように見て回れました。

構成は以下の通り。

  1. 啓蒙主義時代のウィーン −近代社会への序章

    1-1 啓蒙主義時代のウィーン
    1-2 フリーメイソンの影響
    1-3 皇帝ヨーゼフ2世の改革

  2. ビーダーマイアー時代のウィーン −ウィーン世紀末芸術のモデル

    2-1 ビーダーマイアー時代のウィーン
    2-2 シューベルトの時代の都市生活
    2-3 ビーダーマイアー時代の絵画
    2-4 フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー −自然を描く
    2-5 ルドルフ・フォン・アルト −ウィーンの都市景観画家

  3. リンク通りとウィーン −新たな芸術パトロンの登場

    3-1 リンク通りとウィーン
    3-2 「画家のプリンス」ハンス・マカルト
    3-3 ウィーン万国博覧会(1873年)
    3-4「ワルツ王」ヨハン・シュトラウス

  4. 1900年 −世紀末のウィーン −近代都市ウィーンの誕生

    4-1 1900年 −世紀末のウィーン
    4-2 オットー・ヴァーグナー −近代建築の先駆者
    4-3-1 グスタフ・クリムトの初期作品 −寓意画
    4-3-2 ウィーン分離派の創設
    4-3-3 素描家グスタフ・クリムト
    4-3-4 ウィーン分離派の画家たち
    4-3-5 ウィーン分離派のグラフィック
    4-4 エミーリエ・フレーゲとグスタフ・クリムト
    4-5-1 ウィーン工房の応用芸術
    4-5-2 ウィーン工房のグラフィック
    4-6-1 エゴン・シーレ −ユーゲントシュティールの先へ
    4-6-2 表現主義 −新世紀のスタイル
    4-6-3 芸術批評と革新

細かい構成でガイドラインしっかり。

2019072200.jpg

続きを読む

2019/06/02

「印象派、記憶への旅」ポーラ美術館

感想書くのすっかり忘れてました…。先月、ポーラ美術館で開催中の、ひろしま美術館との共同企画「印象派、記憶への旅」を見てきました。印象派コレクションが充実している2館の共同企画。ポーラ美術館は数年前にも国立西洋美術館と共同企画をやっていましたが、それぞれのコレクションの特色も見せつつ新たな発見もあるのですよね。日本で他に印象派が充実しているところというと、現在休館中のブリヂストン美術館(新装開館の折にはアーティゾン美術館と名称変更予定)、山形美術館、大原美術館あたりですが、またそういった館とのコラボ展も見てみたいものです。

構成は以下の通り。
第1章: 世界のひろがり - 好奇心とノスタルジー
第2章: 都市への視線 - パノラマとポートレート
第3章: 風景のなかのかたち - 空間と反映
第4章: 風景をみたす光 - 色彩と詩情
第5章: 記憶への旅 - ゴッホ、セザンヌ、マティス

2019051900.jpg

続きを読む

2019/03/31

「ラファエル前派の軌跡」三菱一号館美術館

三菱一号館美術館で「ラファエル前派の軌跡」展を見てきました。生誕200年のラスキンを軸にしたもの。彼が集めていたというターナーから始まり、本人の水彩風景素描が続きます。1年前までの同館展示半券提示で200円引きになるというリピーター割、今まで知らなくて今回初めて利用しました。

構成は以下の通り。
第1章: ターナーとラスキン
第2章: ラファエル前派
第3章: ラファエル前派周縁
第4章: バーン=ジョーンズ
第5章: ウィリアム・モリスと装飾芸術

2019031900.jpg

続きを読む