2011/01/07

パリ/ウィーン旅行29

Day 10 #1

ようやく成田に到着したのは月曜日の午前8時過ぎだったでしょうか。おつかれ様でしたーっ。

預けたスーツケースを受け取って、税関で別送品の書類にハンコを押してもらい、外に出たらG.P.A.のカウンターで別送品申告書を提出。これで荷物が届くのを待つだけです。

ついでにこの重たいスーツケースも宅配してもよかったのですが、翌日に配るお土産も入っていたので、ひーこら持って帰ります。てことで、成田から自宅最寄りのターミナルまではリムジンバスで。これも道が空いていたので、快適かつあっという間。

1つ誤算だったのは、リムジンバスを降りたところにタクシーがいなかったコト位でしょうかね。昔利用した時はタクシーがいっぱい待っててくれたから今回も大丈夫だと信じていたのに…。仕方ないので、ガラガラと重たいスーツケースを引っ張って駅前まで移動しましたよ。平日の昼間という比較的人の少ない時で助かりました。そしてタクシーにてようやく帰宅。この日の東京は本当におだやかなよいお天気で、よい旅の締めくくりでございました。

もちろん、帰宅後は荷ほどき&洗濯&片付けで大仕事でしたけど…。私はともかく(だ)は翌日から会社だったので時差ぼけ、けっこう大変だったんじゃないかと。とにかくおつかれ様でした。


続きを読む

2011/01/07

パリ/ウィーン旅行27

Day 8 #3

美術史美術館から出て道路を渡ると、そこは王宮のある一角です。たぶんウィーンを訪れた観光客のほとんどが一番最初に訪れるであろう場所。なのに私たちはほとんど一番最後によーやくここへたどり着いた訳です。



ブルク門をくぐると王宮。


続きを読む

2011/01/06

パリ/ウィーン旅行26

Day 8 #2

ベルヴェデーレを堪能して満足した後は、またトラムに乗りオペラ方面へ戻りました。次は…前日は中に入場しなかったセセッションにもう1度行って今度は中の「ベートーヴェンフリーズ」を見る事にしました。ここもすいていまして、入場券を買って地下へと進みます(写真不可)。

地下の展示室の入り口に各国語の解説が用意されていて、それをいただいてからじっくり鑑賞。私たちの他には1組程度、というゆったりした鑑賞でした。ただ、目線からはずーっと上の方にある壁画なので、ディテールをつぶさに見るという訳にはいかないのが残念ですが…あの交響曲第9番からこの絵が生み出されたなんて、クリムトの創造の泉は一体どんなだったのか、と思ってしまいます。

続きを読む

2011/01/06

パリ/ウィーン旅行25

Day 8 #1

さて、観光に費やせるのはこの日が最後、となってしまいました。相変わらず、風は強いがよいお天気の中、まずはベルヴェデーレ宮殿へと参りますよ。オペラ座の前からD号線のトラムに乗車です。わーい、ウィーン初トラム。


101106_1.jpg 101106_2.jpg
# クリックで拡大
左:トラムの奥に見える歌劇場に弔旗が掲げられているのは、日本公演中に富士山の登山事故で亡くなったウィーンフィル団員ゲオルグ・シュトラッカさんを悼んでのコトと思われます…
右:トラム車内。


続きを読む

2011/01/05

パリ/ウィーン旅行24

Day 7 #3

部屋に戻り、私はバレエまで一眠りするコトに。この日のバレエはストーリーのない小品が3つ、というプログラムなので、ちゃんと寝ておかないとマズいと思うのです。私が寝ている間、(だ)はカメラを持って出かけていきました~。
そんな(だ)が撮ってきた写真から、どぞー。


101105_18.jpg
# クリックで拡大
マリア・テレジア広場のマリア・テレジア像と飛行機雲。


続きを読む

2011/01/05

パリ/ウィーン旅行23

Day 7 #2

さて、実はこの日の予定はあまり考えていなくって。王宮やフンデルトヴァッサーハウスに行ってもよかったかもしれないけど、楽友協会の前で「じゃあ次はどこへ行こうか」と顔を見合わせた時点で元気があったので、昨日の模型屋さんに取りに行くことにしました。とはいえお店が遠いのは昨日たっぷり思い知っているので、地下鉄で行こうよって言ったんだけど、何かルート的にちょうどいいのがないらしく。結局この日もまた歩いてしまいました。

ウィーンの交通網はもうちょっと勉強しないと使いこなせないわ~。トラムとかバスとか、使いこなせば便利だと思うんですけど、こういう思いつきの行動の時は路線図を入手しておかないと難しいですね。事前にルートがはっきりしているならば、ウィーン市交通局のサイトでルート検索しておくと便利なんですけど。駅名でも住所でも検索できて、徒歩ルートも含めた結果を文字でも地図でもPDFでダウンロードできるから。メトロの駅なんて、階段しかないのかエスカレーターがあるのかまで判る。

Wiener Linien


続きを読む

2011/01/04

パリ/ウィーン旅行22

Day 7 #1

この日もゆっくり起床…。しかし、のんびりしすぎたのか朝食会場の入り口が行列になっていましたよ。どうやらテーブルのお片付けが間に合わなくて案内できないって状況だったみたいなんだけど。翌日からはもう少し早く起きようということに(笑)。

朝食の前か後か忘れましたが、フロントから「模型屋さんから商品が入荷したという連絡がありましたよ」という電話があり。では、今日お店に伺いますって返事をしたら「お店のアドレスは判りますか?」って聞いてくれたの。さすがよく教育されているものだなーと感心しましたわ。

結果的に、前日の私のボケた返答もそれなりに役に立ったということで(笑)。それで、私は体力的にお店につきあえるかどうかわからなかったので、(だ)のメモ帳に、昨日払った送料を返金してってコトと免税できますかっていうようなコトを念のためメモして。慌てると単語が出てこなかったりするからねー。


この日は夜にバレエ鑑賞があるので、体力温存モードで観光。まずはセセッション、つまり分離派会館を目指しますよ。ホテルからは徒歩圏内なので、てくてく歩いて行きました。よいお天気で寒くもなかったけど、この日も風が強かったです。


101105_1.jpg
見えてきましたねー。手前の銀杏が黄葉してるから保護色になっちゃってわかりにくいけど、「金色のキャベツ」と呼ばれる、月桂樹の葉をモチーフにした黄金のドームが目印。


続きを読む

2011/01/04

パリ/ウィーン旅行21

Day 6 #4

レオポルトミュージアムからホテルまでは徒歩10分、位かしら。写真撮りながらの移動なので、時間は全く気にしていなかったけど。


101104_25.jpg 101104_26.jpg
# クリックで拡大
左:オーバーラー(カフェ&お菓子屋さん)のラッピングカー
右:ブルク公園のモーツァルト像


通りすがりに見た、オーバーラーの車が凄かったです。よく見るとフィルムが剥がれかけているのだけど。ブルク公園のモーツァルト像は、記念撮影中の観光客多し。中でも異彩を放っていたのがお隣の国からのカップル。彼女が像の前の芝生でアイドル張りのポーズを取って座っていて、それをダンナだか彼氏だかがイソイソと写真に収めているの。そういう文化なんだよねー。微笑ましかったです。いろんな観光スポットでそうやってポーズを取る女の子と連れ合い、の図を見かけました。ウィーンでは日本人より韓国人や中国人観光客が多かったよ、そーいえば。


続きを読む

2011/01/03

パリ/ウィーン旅行20

Day 6 #3

足が痛いとか言いながら西駅から2キロ弱(笑)、次の目的地であるミュージアムクォーターまで辿りついてしまいました。次の予定はミュージアムクォーター内のレオポルトミュージアムでクリムトとシーレを見るコトなのですが、ここまで来たならばとレオポルトミュージアム内のカフェでお茶する事にしました。



まずはチケットを買って美術館に入場。ウィーンの(少なくとも私たちが訪れた)美術館では手荷物チェックはありませんでした。カフェには美術館の中外からアクセスできるようで、美術館とカフェの境目のところにチケットチェックのゲートがありました。チケットのバーコードを読み込ませてゲートを通り、入店しますよ。

続きを読む