2017/06/26

「ミュシャ展」国立新美術館

こちらも終わってしまいましたが、国立新美術館「ミュシャ展」を見てきました。スラブ叙事詩全20作チェコ国外世界初公開の今年の最大の話題展。2013年のミュシャ展にスラブ叙事詩の習作が展示されていて、その時に2017年に全点東京で展示予定と知り、その頃一体何をしているやらと遠い目になりましたっけ。結果4つ確実に歳をとったもののやってることはあまり変わらない自分がいたのでした。

この手の大型展はテレビの美術番組で取り上げられると混み合うので、その前に見に行くのが定石…みたいなところがありますよね。大抵は会期半ばくらいに放映されてから混むという印象があるのですが。今回は主催のNHKがオープニングと同時にバンバン特番を打ちまくり、会期終了までその手が緩められることがなかったので、ほぼ最初から最後まで集客が落ちなかったのではないかと思います(もちろん、比較すれば会期前半の方がずっと快適に見られたはず)。NHK、鬼やで…。

2017062601.jpg 2017062602.jpg

構成は以下の通り。
スラブ叙事詩
1. ミュシャとアール・ヌーヴォー
2. 世紀末の祝祭
3. 独立のための闘い
4. 習作と出版物

スポンサーサイト

続きを読む

2017/06/25

「シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才」国立西洋美術館

すでに会期終了した展示ですが、国立西洋美術館「シャセリオー展」と「スケーエン:デンマークの芸術家村」を見て来ました。シャセリオー展にはモローが出ているというし、スケーエンの画家たちの絵は一度生で見たいと思っていたので、早く行きたくてウズウズしていたの。会期終了間近になって来たので、雀さんを誘って行って来たのでした。

先ずはシャセリオーから。

2017062501.jpg

構成は以下の通り。
1. アングルのアトリエからイタリア旅行まで
2. ロマン主義へ - 文学と演劇
3. 画家を取り巻く人々
4. 東方の光
5. 建築装飾 - 寓意と宗教主題

続きを読む

2017/06/24

「15周年記念展 ピカソとシャガール 愛と平和の賛歌」ポーラ美術館

ポーラ美術館で開催中の「15周年記念展 ピカソとシャガール 愛と平和の賛歌」をみてきました。ポーラ美術館が海外からの借用作品を展示するのは初めてだとか。

鑑賞後1ヶ月、見事に記憶が欠落しました...。いつも以上にひどいです。感想になってません、すみません!

2017062401.jpg

構成は以下の通り。
第1章 故郷 バルセロナとヴィテブスク
第2章 旅立ち 前衛芸術の都パリへ
第3章 愛しいものたち 変容する絵画
第4章 戦争 悲劇への抵抗
第5章 南仏のアトリエ 愛と平和の讃歌

続きを読む

2017/06/23

中伊豆・箱根旅:その2

中伊豆・箱根旅の続きです。

宿の方の出迎えを受けまして、雀さんが車を停めに行っている間、大きなガラスに日差しが差し込む吹き抜けのロビーで供茶を受けます。青々とした緑が目のご馳走。

2017062301.jpg
ロビーからの景色。いたるところ全てフォトジェニック。

宿泊カードを記入して、合流した雀さんも一息ついたところで部屋に案内していただきました。お部屋はロビーから1階上がった谷の蔵の一番奥。食事処が同じフロアにあり、1つ上のフロアに人気の貸切風呂「かざはや」、ロビー階から外を回って行くと渓流沿いの貸切風呂。大浴場はさらに下のフロア(今回は利用せず)。この上下の位置関係、滞在中は全く頭に入らなくてどうしようかと思いました。

続きを読む

2017/06/22

中伊豆・箱根旅:その1

もう1ヶ月も前のことになってしまいましたが、5月下旬に雀さんと伊豆に行って来ました。怪我で動けない時から、怪我で辛い私と その世話と家事でもっと辛い雀さんが 互いを励ましつつ(笑)「治ったら温泉行こうねー」を合言葉に乗り切ったからね。

今回の候補は伊豆か長野。ドライバーさんにも無理がないエリアで 私が見たい美術展に絡めての事です(おほほ)。怪我の後という事情から、椅子でくつろげる部屋(=ほぼ洋室)、窓からの景色、源泉掛け流し、部屋に眺望温泉風呂、館内階段移動が少ない、というなかなかハードな条件で1ヶ月以上前から探しまくりました。

結果、ほとんどすべての条件を満たしたのは中伊豆の人気宿 あせび野 唯一の洋室でした。車椅子もOKのバリアフリーな部屋なので安心(ただし部屋の露天風呂は車椅子では無理だと思う)。一休のクーポンとポイント利用でかなりお手頃に利用できて嬉しいわ。


続きを読む

2017/06/21

「オルセーのナビ派展 美の預言者たち」三菱一号館美術館

会期終了していますが、三菱一号館美術館に「オルセーのナビ派展 美の預言者たち - ささやきとざわめき」を見に行ってきました。昨年末の怪我の後に始まった催しなのに、会期終了間際に駆け込むのが精一杯だったという。

2017062101.jpg

構成は以下の通り。
1. ゴーガンの革命
2. 庭の女性たち
3. 親密さの詩情
4. 心のうちの言葉
5. 子ども時代
6. 裏側の世界

続きを読む

2017/06/20

rehabと不用品処分

だいぶ久しぶりになってしまいました。膝の方は5月にレントゲンを撮った時にはかなり綺麗にくっついているとのことで、8月にもう1度受診して問題なければ通院はおしまい、の予定です。

後は筋力と柔軟性なのですが、こちらはまだ元どおりというわけにはいかず。一番わかりやすく戻ってないのが階段昇降と正座ですけど、普通の靴を履くようになってびっくりしたのが、靴すらうまく履けなかったこと。足の筋肉が落ちてたからですかねー、靴の中に足を入れていくという普段なら何でもない動作がうまくできないのかと。

続きを読む

2017/04/04

macOS Sierra

今日は久々のMac話です。

MacBook ProのOSはMavericks(10.9)以降アップグレードせずに使っていました。新機能の魅力よりも、旧ソフトが使えなくなると困るなーという方が大きくて、それを調べるのも面倒だったりしてね。で、そうこうしているうちに、新しいOSがリリースされてしまい…とループ。こういうの、ホント年とった証拠だなーって思うんですけど…。

OSをアップグレードしないことによる最初の不便は、TweetBotが私の環境では起動しなくなったこと。これは、Macではtwitterしない、というソリューション(笑)でやり過ごしました。少し前からはexcelのアップデートが対象外となりまして、これも至急どうなるものではないとは思いますが…次期OSはファイルシステムがガラッと変わるとかいう話も聞きますし、そろそろ重い腰をあげるべきなのでは、と。

各ソフトウェアのSierra対応状況を調べてみますと、懸案事項だったPhotoshop CS6は裏技的なもので使えることがわかり、他のソフトもほぼ問題はなさそうでした。Windows7もBootCampで入れられるようになったみたいだし、新しく買わないとダメなのはToastくらいかな…そのToastも、もしかしたらDisk Utilitiesで何とかなるかもしれない。


ということで、webにたくさん上がっている諸先輩方によるUG方法やAppleのヘルプを参考に、バックアップ→アップグレード→クリアインストール→環境設定まで。バックアップはTime Capsuleのほかに外付HDDにもコピーをとって、さらにUSBメモリにMavericksのインストールディスクを作りました(Sierraインストール後は、Sierraのインストールディスクも作成)。

iCloudとGoogle Mail、TimeMachineの設定アシスタントのおかげで、環境復元もほぼ問題なし。iPhotoから写真.appへのライブラリ読み込みだけはちょっと手間取って、外付HDDにバックアップしたライブラリを使いました。win7については、私の環境ではインストールにUSB2.0のメモリが必要みたいなので、メモリ購入後に改めて作業予定。Toastについても実際に焼き作業が発生した時に確認すればいいや。


あとは使いながら調整していく感じでしょうかね。デスクトップなどは旧OSから環境を引き継いでいるので、違和感はほとんどありません。T.Clipも含めて使いたいものは全て大丈夫だったのでよかったです。

体感として一番変わったのは、macOS日本語入力でしょうか。ライブ変換にはまだ慣れません。あまり短い文節で変換しない方がいいんでしょうね。後でキー割り当てを確認しておこう。今まで使っていたATOKのショートカットキーを押しては、予想と違う動きになるので「なんでやー!」となってます。
https://support.apple.com/kb/PH22661?locale=ja_JP

後は、Safariの動作がちょっと変わったかな。任意のタブ上で無意識に右クリック→新しいタブを開く、のつもりが、『タブを固定』とかいうメニューを選んでしまって慌ててます。これもそのうち慣れるでしょうけど、ショートカットは確認しておかないと。


というメモでした。
このところ、私はいつ頃までMacBookを使い続けるのかなー、いつかはiPadで十分って思う日が来るのだろうか…と考えることがあります。入力作業をしなくなる日が来たら、そう思うのかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。